キャンパスライフ

第一工大 Rikejo

女子学生専用空間「コルネラウンジ」が完成

 新しい施設が完成しました。ご支援を頂いた学園の皆様に心より御礼を申し上げます。有難うございました。

 この空間をデザインするにあたり、建築デザイン学科所属の女子学生が中心となり、全学科・全学年の女子学生から様々な意見を頂き、これを反映させたインテリデザイン案をいくつか作成しました。様々な要望の中で、椅子の生活だけではなく、座れる「畳空間的な仕掛け」が欲しいとの意見が多数ありましたので、約40cm床を上げた「畳コーナー(実際は絨毯風の床仕上げ)」を設けたデザインを採用することにしました。

 この空間は「知的疲れを休める場所」であり、講義や実験実習等などで疲れた頭を休める場、様々な情報を交換する場であり続けたいと思います。この様な主旨を表すために、この新空間に私たちは【コルネラウンジ】と命名しました。

 「コルネ」とはイタリア語で角笛(ホルン)を意味するCORNO(コルノ)に由来し、パン生地を円錐形の巻貝状態に巻き付けて焼き上げた後に、チョコレートやクリームを詰めた菓子パンの一種をこの様に呼びます。
 「コルネ」は学園です。チョコは私たちの知性です。コルネに守られて私たちの知性が大きく育つよう、頑張りたいと思います。


家具の制作(ペンキ塗りと組立て作業)

家具の制作(電気ドリルで穴開け作業)

建具のペンキ塗り
 作業中の様子です。建築系の女子が中心になり、全学科全学年の女子学生が協力しながら作業を行いました。

 しばしば夜中まで作業を行うこともありましたが、完成した時の喜びはひとしおでした。

明るい雰囲気のラウンジ

手作りの棚にお気に入りのシーサーを!

窓辺の長机で勉強や読書が楽しめます

大テーブルで議論や情報交換が行えます

電子レンジや電子ヒータ、冷蔵庫が完備されたミニキッチン。
簡単なお料理もできます。
 ようやく完成した空間です。大きな工事は専門業者さんにお願いしましたが、家具のデザインと制作、組立て、ペンキ塗り、運搬などなど、ほとんど全て私たちで創り上げました。思い出いっぱいの空間です。


 大切に、そして有意義に使いたいと思います。有難うございました。
総責任者 建築デザイン学科
有水 あづさ