キャンパスライフ

留学生の広場

留学生の広場

国際交流センター
平成25年度

この広場は、留学生(外国人)の活動状況を紹介するコーナーです。

 平成26年3月29日(土)平成25年度、最後の「留学生文化研修会」を実施しました。
 今回は、薩摩川内市にあります「川内原子力発電所展示館」をメインに「味噌・醤油工場」や「川内戦国村」を研修しました。




≫ 詳しくはこちら
平成26年 3月 留学生文化研修会
 平成26年3月15日(土)、霧島市で実施されました「龍馬ハネムーンウォーク」に本学の留学生が参加しました。
 このイベントは、1866年に坂本龍馬とお龍夫妻が日本で最初に新婚旅行に訪れたことにちなみ、毎年3月に2日間にわたって開催されるイベントです。



≫ 詳しくはこちら
平成26年 3月 龍馬ハネムーンウォークin霧島
 3月1日(土)霧島市隼人町において、霧島警察署及び霧島市国際交流協会主催による「国際交流の集い 世界の味ランチ」が開催され、本学から留学生4名が参加しました。当日は、13カ国約40名近い外国人を含めると約100名以上の参加がありました。



≫ 詳しくはこちら
平成26年 3月 国際交流の集い「世界の味ランチ」
 2月23日(日)霧島市隼人町において、約460年の歴史を持つ鹿児島神宮初午祭(鈴かけ馬踊り)に留学生3名が参加しました。この祭は、五穀豊穣・畜産振興・牛馬の安全を願って行われ、毎年、旧暦の1月18日に行われます。




≫ 詳しくはこちら
平成26年 2月 鹿児島神宮 初午祭
 1月25日(土)に、かごしま県民交流センターにおいて「第19回外国人による日本語スピーチコンテスト」が開催されました。 
 本学からは、予選へ5名がチャレンジし、本選へ3名が選ばれました。




≫ 詳しくはこちら
平成26年 1月 鹿児島で世界を語ろう
 12月7日(土)平成25年、最後の「留学生文化研修会」を実施しました。今回は、鹿屋航空基地史料館及び大正大噴火以来100年目を迎える「桜島」を研修しました。
 鹿屋航空基地史料館では、海上自衛隊の航空機の変遷について係員の説明を受け、また留学生の中に航空工学科の学生が1名おり、興味深く説明に耳を傾け、熱心に質問をしていました。

≫ 詳しくはこちら
12月 鹿屋航空基地史料館・桜島研修
 本学で初めて「第1回外国人による日本語スピーチコンテスト」を11月28日(木)に開催しました。
 今回は、中国、韓国、ネパール、タンザニア出身の6名の学生が、母国と日本との違いを来日して学び、感じたことを自分自身の言葉として発表しました。聴講した教職員及び日本人学生は、スピーチの内容や日本語の上手いこともあって、会場全体が感動の渦に包まれていました。

≫ 詳しくはこちら
11月 スピーチコンテスト
 10月26日(土)「留学生文化研修会」を実施しました。
 今回は、霧島連山の最高峰である「韓国岳登山」を実施しました。台風27号が過ぎ去った翌日で、 絶好の天候(秋晴れ)に恵まれました。えびの高原から登山を開始し、約1時間10分程度で頂上に到着しましたが、非常に風が強く寒さを感じる天候でした。

≫ 詳しくはこちら
10月 韓国岳登山
 10月20日(日)、霧島市で実施された「鹿児島神宮隼人浜下り」に本学の留学生が参加しました。この「隼人浜下り」の起源は、大和朝廷に滅ぼされた隼人族の慰霊だそうです。
 留学生は、先頭の鉄砲隊、女官、侍大将の役割で参加し、鉄砲隊は、要所において射撃を行い、五穀豊穣など祈願しながら行進をしていました。


≫ 詳しくはこちら
10月 鹿児島神宮浜下り
 本学においては、毎月1回を基準に「留学生交流会」を実施しています。
 7月は、1日(月)に昼休み時間を利用して、本学の国際交流センターにおいて実施しました。
 この留学生交流会の目的は、国際交流センター等からの情報提供と参加者との意見交換等を実施して、留学生相互の連携及び勉学への意欲向上を図るものとしています。

≫ 詳しくはこちら
毎月留学生交流会
 本学在校の留学生に対し、本年度新企画として「留学生文化研修会」を実施しました。狙いは、国際交流の一環として、留学生に鹿児島県内の史跡・文化・物造り等に触れさせ、見識の向上を図ることです。
 1回目として、5月11日(土)に県央地区(霧島地区)の研修を実施しました。


≫ 詳しくはこちら
5月 霧島研修

その他の活動状況

  • 6月 鹿児島日韓親善協会 講演会・交流会への参加
  • 8月 企業・留学生交流セミナーへの参加
  • 10月 姶良市姶良国際交流協会主催行事への参加
  • 11月 霧島ふるさと祭り2013への参加
  • 11月 九州グローバル人材交流フェア2013in宮崎及び鹿児島県企業見学会への参加