大学案内

学長挨拶

学長 都築 明寿香
東京大学大学院学際情報学府修了
未来の「あなた」になるために
 

 皆さんは今、未来の自分をどのように思い描いていますか?
 

 まだ漠然と考えているだけで、それをどのようなキャリアを選択するか、どの様な職業に就くか、具体的な未来像を持っていない方もたくさんいるかと思います。本学はそんな皆さんの夢が実現できるよう、様々なサポートを行っています。
 

 例えば「航空工学部航空工学科」では、パイロットになりたい人、航空整備士になりたい人、航空機の設計エンジニアになりたい人、それぞれの為のカリキュラムを用意し、更に実際にその夢を実現するために、その職を経験してきた教員が懇切丁寧な指導を行っています。その他AIを操るプログラマになりたい、未来型自動車の設計をしたい、橋やダムなどの社会インフラを構築したい、ドーム球場を設計する建築家になりたい、などなど、皆さんが持っている様々な夢が現実のものとなる為に、各分野の経験豊富な専門家が教育に携わっています。
 

 授業では、地域社会とのコラボレーションをフィールドワークとして行う機会も多くあります。例えば、自然環境工学科と建築デザイン学科が行っている「古民家再生プロジェクト」では、学生と教員が地元の人々と一体になって、明治時代の建造物の新たな活用計画策定に取り組んでいます。その他、情報電子システム工学科と機械システム工学科では、養護学校の生徒さんの活動を支援する装置の開発を行ってきました。航空工学科では毎年秋の「空の日」に、地元の空港で行われるイベントに参加し、飛行機に興味関心のある人との交流を深めています。そしてそのような地域社会における活動は、学生さん一人一人の自信に繋がるとともに、学生さんの学会発表などの機会に繋がる一方、就職にも活かされています。
 

 工学の分野では、与えられた課題を克服するための工夫が重要になります。本学では実験・実習の時間を多く設けることにより、社会に出てから活躍が出来るための下地を身につけられるよう工夫をしています。皆さんが本学での4年間で未来の自分像を描き、それを実現するために、私たちは全力でサポートして参ります。