建築デザイン学科

建築デザイン学科 各コース紹介

建築デザイン学科 各コース紹介

建築デザインコース
ねらい

美しさや機能性を兼ね備えた建築空間や街並みなどの提案やデザインを通して、様々な要求を解決するための最適な方法を提案できる人材を育成します。

視点

生活環境をかたちづくるデザインを、色彩やデザイン特論などの美学的な視点と、建築計画や福祉環境計画などの工学的な視点、建築史などの歴史的な視点などから幅広く学びます。

実習

建築都市インテリアデザイン演習、工学デザイン基礎、建築CAD、建築3DCGなどの実習科目で、建築デザインに必要な表現技術を実践的に学びます。

職業・職種

意匠設計やまちづくりプランナーなどの計画や設計を希望する方に最適です。その他、福祉住環境コーディネーターや文化財建造物の保存復元などにも適しています。

資格試験

一級建築士(実務経験2年)、二級建築士(卒業と同時)などの国家資格の受験資格が得られます。在学中は、CAD検定、宅地建物取引主任者など、さまざまな資格が取得できます。

インテリアデザインコース
ねらい

建築などの内部(インテリア)は、人にもっとも寄り添う空間です。その空間を家具や照明などのインテリアアイテムをコーディネートし、デザインする空間演出のスペシャリストを育成します。

視点

建築もわかるインテリアデザイナーをめざし、センスをインテリアと建築の幅広い専門知識を学びます。デッサンや色彩で美学的にセンスアップし、インテリア計画やインテリアデザイン特論で工学的に学び、デザイン演習科目で表現力を習得します。

実習

都市インテリアデザイン演習、工学デザイン基礎、建築CAD、建築3DCGなどの実習科目で、インテリアデザインに必要な表現技術を実践的に学びます。

職業・職種

インテリアコーディネーターやショップデザイナーを希望する方に最適です。その他、ショールームアドバイザーやリフォームデザイナー、福祉住環境コーディネーターなどにも適しています。

資格試験

インテリアコーディネーター(在学中)、インテリア設計士(在学中)、カラーコーディネーター(在学中)、照明コンサルタント(在学中)などさまざまな資格が取得できます。
必要な専門科目を履修すれば、一級建築士(実務経験2年)、二級建築士(卒業と同時)などの国家資格の受験資格が得られます。

建築工学コース
ねらい

地上に創建される建築は、美しさや機能の素晴らしさとともに、品質が高く、耐久性に優れ、安全なものが求められています。本コースでは、建築の長期間に渡る資産としての価値を追求すべく、建築構造や建築生産(材料施工)を核とした “ものつくり”を実現できる技術者を育成します。

視点

低層から超高層建築の構造デザインや建築工事の施工管理を習得するため、建築構造および建築生産を中心とした工学的視点から建築を学びます。座学で学ぶだけでなく、実験実習を通じて建築工学を体験的に理解できるところに特徴があります。

実習

建築測量、建築材料・構造実験、建築エンジニア演習など建築工学について学ぶべき技術を実験実習によって体得できます。さらに卒業研究では、専門分野の先進的な技術についての実験やシミュレーションなどもおこないます。

職業・職種

建築業界のなかでも構造設計や施工管理を希望する方に最適です。その他、不動産業や技術営業にも適しています。建築業界以外では、理系公務員(技術職)、中学校(技術)や高等学校(工業)の教員を目指す方にもお勧めします。

資格試験

一級建築士(実務経験2年)、二級建築士(卒業と同時)、1級建築施工管理技士(実務経験3年)、2級建築施工管理技士(実務経験1年)といった国家資格の受験資格が得られます。在学中は、宅地建物取引主任者、土地家屋調査士、測量士補、建築積算士補など、さまざまな資格が取得できます。

 

(注意)資格試験の受験資格は、専攻するコースが異なっても、何れの試験にも受験資格があります。その他には、宅地建物取引主任者試験、マンション管理士、消防設備士、建築設備士、測量士、電気・管・造園管理技士、2級施工技術検定(建築、電気)などがあります。(卒業後の実務経験が必要なものもあります)

(参考)在学中の受験を推奨している資格試験は、建築CAD検定(2、3級)、福祉住環境コーディネーター検定(2、3級)、カラーコーデイネーター検定(2、3級)、2級技術検定(建築電気)、宅地建物取引主任者などです。

↑ページのトップへ