航空工学科

航空工学科エンジニアコース

航空工学科 コース紹介

 

 

 

航空宇宙技術の基礎から最新技術の応用まで、理論と実験を併用した実践教育を通じ、実務現場で求められる高度な知識、技術に対処できる基礎技術を身につけ、広く産業界で活躍できる技術者の養成を目標としています。高速空気力学や航空機構造力学などの航空基礎工学に加えて、航空工学実験、CAD演習、CADを利用した航空設計製図などの実践教育も充実して理論のみでなく実務に役立つ教育を行います。

 

 

 


航空関連産業で、技術者として航空業界の技術基盤を支えることに興味と関心を抱く学生の入学を求めています。 また、航空工学科では、中学校の「技術」、高校の「工業」、さらに中学・高校の「数学」の教員免許を取得することができ、教職志望の学生も求めています。

 

 

 

 


航空関連産業で技術者、設計者などとして活躍することが期待できます。また、中学校の「技術科」、高校の「工業科」、中学校・高校の「数学科」の教員として活躍することが期待できます。複数の教員免許を取得しておくことで、教員採用には有利になります。

 

※ 九州・沖縄にある私立大学の中では、数学と技術、数学と工業など2つの教職資格を取れるのは本学だけです。