教員紹介

斉 培恒

斉 培恒Baiko Sai

情報電子システム工学科/教授

北海道大学 大学院 メディアネットワーク専攻
工学博士

受験生へのメッセージ

『情報システム工学』は、コンピュータを中心とする現代社会と人類により快適な生活と社会活動の環境を提供するカリキュラムであり、高度情報化社会を構築するための中心的な技術として今後も更なる発展が期待されている分野でもある。第一工業大学情報電子システム工学科では、最先端電子機器、通信機器、情報機器を設計・開発・研究する「電子」「通信」「情報」技術者を育てます。授業では電子回路や通信工学、ソフトウェア工学などの「理論」のほか、実践的能力が身につく電子工学実験、プログラミング言語演習、情報工学演習などを通じて、電子電気機器を触りながら学びます。本年度から、国内外一流企業を経験した教員陣を強化のうえ、新たに「制御システム工学」と「情報ネットワーク工学」の専門コースを開設、沢山「エンジニア夢」を持つ学生の入学をお待ちしております。

教育研究活動(現在)

第一工業大学 情報電子システム研究科 教授
主に「通信工学」、「情報理論」、「電子基礎数理」、「電子工学実験」などの授業を担任、「次世代超高速無線通信システム」の研究を行っています。全校及び所属学科の留学生の生活、学習指導も行っています。

教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
  • 1995年8月 日本国籍取得。
  • 1991年4月~ パイオニア株式会社 世界初のデジタル衛星放送システムの立ち上げに従事。フランス企業との提携、北米へのビジネス展開を担当。
  • 1996年12月~ ロイヤルフィリップセミコンダクター社 衛星受信暗号LSIの開発担当日本市場向けデジタル衛星受信LSIでは日本のシェア95%を達成携帯電話市場の拡大に対応してドコモ向けのLSIを開発。
  • 2001年5月~ ローム株式会社 デジタル家電向け高速インターフェースLSI開発売上15億円、出願特許数12件。2007年 携帯電話向けディスプレイ・カメラ接続のシステム開発。2008年 中国精華大学とロームとの共同開発プロジェクトリーダー。
  • 2002年~ 日本半導体理工研究所の客員技術主査 低電力超高速無線通信システムの開発。
  • 2008年~ 九州工業大学客員教授 ハイビジョン動画無線伝送システムの研究開発。
  • 2013年1月~ 北海道大学特任准教授 低消費電力高速無線通信研究プロジェクト担当。
受賞
  • 2003年1月 ローム株式会社 社長賞 金賞
  • 2007年1月 ローム株式会社 社長賞 銅賞
  • 2012年2月 「ASIC Design of 600Mbps 4×4 MIMO Wireless LAN System」
    [The 14th International Conference on Advanced Communication Technology]優秀論文賞受賞