教員紹介

吉本 博明

吉本 博明Hiroaki Yoshimoto

自然環境工学科・植物バイオシステムコース・植物機能制御学研究室/教授

九州大学大学院生物資源環境科学府森林資源科学専攻
博士後期課程修了
博士(農学)

受験生へのメッセージ

ヒトが現在の繁栄を手にすることができた最大の理由は、食物を生産する技術、すなわち、農業を開発したからだと言われています。自然に寄り添い、自然に働きかけ、自然からのおすそわけを受けて発展してきた農業は、最も古くからある職業であり技術であり生き方なのです。その技術は経験科学の集大成でもあります。育種学、作物学、肥料学などの作物生産の学問はもちろん、水や土を管理する水理学や土木学、天候を予測する天文学や気象学も農業の基礎知識の一つです。作った作物を保存利用するために味噌や醤油などを作る食品加工も農業のしごとの一つです。もちろん、それらを売るしごとも農業の一部です。
そのような古い歴史と幅広い技術を原点から見直し、工学的視点から再構築し、今の時代に適合した、いわば「あたらしい農業」の姿を本学科では目指しています。

教育研究活動(現在)
専門分野

きのこ学、機能性食品学、環境保全型農業論、六次産業化

現在の研究テーマ
  1. きのこの栽培に関する研究
  2. 廃棄物の循環利用に関する研究
  3. 植物工場における環境制御に関する研究
  4. 農業の六次産業化に関する研究
主な講義科目

きのこ学、生命と環境の科学、六産業化特論・実習、機能性食品論、自然環境実験(植物工場)、地域食品論、作物学、植物環境制御学、食品加工実習、バイオテクノロジー実習

教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
主な研究業績

特許

  1. 液状組成物およびその製造方法(第5518223号)
  2. 抗腎機能不全薬及び抗腎機能不全方法(第4348443号)
  3. 痴呆改善薬(第4293294号)

学術論文

  1. YOSHIMOTO, H. et al. Effect of Agaricus spent compost on the productivity and soil environment for low-input cultivation of forage rice. Mushroom Sci. Biotechnol. 23, 173–178 (2016).
  2. Eguchi, F., Kalaw, S. & Dulay, R. Nutrient composition and functional activity of different stages in the fruiting body development of Philippine paddy straw mushroom, Volvariella volvacea. Bull. Fr.) Sing. Adv.  … (2015).
  3. Reyes, R.G., Kalaw, S.P., Dulay, R.M.R., Yoshimoto, H., Miyazawa, N., Seyama, T., Eguchi, F.: Philippine Native and Exotic Species of Edible Mushrooms Grown on Rice-Straw-Based Formulation Exhibit Nutraceutical Properties, http://journals.uplb.edu.ph/index.php/PAS/article/view/975, (2013).
  4. 宮澤紀子, 栗原昭一, 浜屋忠生, 瀬山智子, 吉本博明, 江口文陽: 肥満モデル動物におけるキノコキトサンの抗肥満効果. 日本きのこ学会誌. 21, 30–35 (2013).
  5. 江口文陽, 吉本博明, 瀬山智子, 大林宏也, 飯島倫明: 福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染を回避したきのこ栽培法の確立を目指して(20巻記念企画). 日本きのこ学会誌 mushroom Sci. Biotechnol. 20, 171–173 (2012).
  6. Reyes, R.G., Kalaw, S.P., Gonzaga, R.J., Dulay, R.M., Yoshimoto, H., Kikukawa, T., Eguchi, F.: Amino Acid Profile and Anti-Hypertensive Activity of Collybia reinakeana P. Henn., http://www.journals.uplb.edu.ph/index.php/PAS/article/view/462, (2010).
  7. Reyes , R.G., Kalaw , S.P., Bellere, A.D., Yoshimoto, H., Higaki, M., Kikukawa, T., Eguchi, F.: フィリピンセントラルルソン島における薬用きのこの栽培の現況と展望. 日本きのこ学会誌 mushroom Sci. Biotechnol. 17, 87–89 (2009).
  8. 吉本博明, 江口文陽: ヒメマツタケ (Agaricus blazei Murr.) の現状と課題. 応用薬理. 72, 130–132 (2007).
  9. Yoshimoto, H., Eguchi, F., Kawakami, S., Higaki, M., Ohga, S.: Effect of Agaricus blazei Spent Compost on the Eggplant Cultivation. Mushroom Sci. Biotechnol. (in Japanese). 14, 99–105 (2006).
  10. 吉本博明: 廃菌床の農業利用–ヒメマツタケ廃菌床の施用効果 (特集 きのこ–医薬・機能性食品から環境浄化まで). バイオインダストリー. 23, 77–85 (2006).
  11. 吉本博明, 江口文陽, 河上誠樹, 桧垣宮都, 大賀祥治: ヒメマツタケ廃菌床のナス栽培に対する施用効果. 日本きのこ学会誌. 14, 99–105 (2006).
  12. 吉本博明, 江口文陽, 桧垣宮都, 大賀祥治: 同一菌床から発生した二色のヒメマツタケ子実体の比較解析. 日本きのこ学会誌 mushroom Sci. Biotechnol. 14, 135–143 (2006).
  13. 吉本博明, 江口文陽, 桧垣宮都, 大賀祥治: ヒメマツタケの薬理効果におよぼす培地基材の影響. 木材学会誌. 51, 387–393 (2005).
  14. 武井利之, 江口文陽, 吉本博明, 神庭信幸, 飯島倫明, 檜垣宮都: ヒメマツタケCJ-01の菌糸成長に及ぼす要因(第2報) : 堆肥調製による培地原料の分解と菌糸の生育促進. 木材学会誌. 47, 63–69 (2001).
  15. 江口文陽, 渡辺泰雄, 菊川忠裕, 吉本博明, 安倍千之, 檜垣宮都: DOCA-NaCl 左腎摘出ラットを用いたヒメマツタケ子実体熱水抽出物質の腎機能不全改善作用. 和漢医薬学雑誌. 16, 24–31 (1999).
  16. 江口文陽, 渡辺泰雄, 張俊, 宮本康嗣, 吉本博明, 福原富男, 桧垣宮都: 自然発症高血圧ラットを用いたヒメマツタケ子実体熱水抽出物質 (CJ-01) の降圧効果. 和漢医薬学雑誌. 16, 201–207 (1999).
  17. 江口文陽, 桧垣宮都, 吉本博明, 渡辺泰雄: 30C-17 各種病態モデル動物を用いたヒメマツタケ (CJ-01) 熱水抽出物の薬効 : SHR および DOCA ラットについて. 和漢医薬学会大会要旨集. 15, 93 (1998).

  ほか

講演

東京農大総研研究会きのこ研究部会設立記念講演会招待講演

第96回九州都市企画主管者会議

JAあいら経清塾

競争的資金等

内閣府:地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地方創生先行型)先駆的事業分(タイプⅠ)事業「霧島発農業創生大学プロジェクト」

学協会活動

日本きのこ学会(評議員2009~現在、企画広報担当理事2013~2015、編集委員2013~現在)
東京農業大学総合研究所研究会きのこ部会幹事(2012~現在)

学協会活動

日本きのこ学会(評議員、編集委員)
日本木材学会、(公社)日本木材保存協会

著書
  1. Eguchi, F., Seyama, T. & Yoshimoto, H. in Functional Foods, Nutraceuticals and Natural Products: Concepts and Applications (eds. Dhiraji A., V. & Vatsala, M.) 683–689 (DEStech Publications Inc. Texas State University, 2015).
  2. 吉本博明: DKメソッドでつくる学会ポスターのデザイン-Part 3 Illustratorレイアウト編. Amazon Services International, Inc., 熊本 (2013).
  3. 吉本博明: DKメソッドでつくる学会ポスターのデザイン-Part 2 Excelグラフ編. Amazon Services International, Inc., 熊本 (2013).
  4. 吉本博明: DKメソッドでつくる学会ポスターのデザイン-Part 1 ポスター準備編. Amazon Services International, Inc., 熊本 (2013).
  5. 吉本博明: 3.3.7.廃培地利用 b堆肥利用. In: 日本菌学会 (ed.) 菌類の事典. 朝倉書店, 東京. pp. 506–507 (2013).
  6. 吉本博明: DKメソッド:医薬生物系、看護研究のための統計処理はじめの一歩. Amazon Services International, Inc., 熊本 (2013).
  7. 江口文陽, 久能木利武, 須藤賢一, 伊藤隆, 大賀祥治, 尾形圭子, 秋山豊寛, 上津奈保子, 吉本博明: 生活環境論: 地人書館, 東京 (2003).
  8. 江口文陽, 山田哲雄, 渡辺泰雄, 菊川忠裕, 平井浩文, 吉本博明, 桧垣宮都, 大林宏也, 小松和代: 生命と環境の科学. 地人書館, 東京 (1999).
解説・研究報告等

平成25年度特用林産物生産継続体制支援事業(補助事業)報告書(2013)

受賞

東久邇宮国際文化褒賞(平成27年)
平成25年度日本きのこ学会技術賞
日本木材学会優秀ポスター賞(第46、59、60回)
日本きのこ学会最優秀ポスター賞(第16回)
日本きのこ学会優秀ポスター賞(第13、14、16、17回)
第15回応用薬理シンポジウム優秀ポスター賞

連絡先

h-yoshimoto@daiichi-koudai.ac.jp