教員紹介

石渡 博

石渡 博 Hiroshi Ishiwatari

建築デザイン学科/教授

東京大学工学部建築学科
東京大学大学院工学系研究科博士課程
博士(工学)

受験生へのメッセージ

その地域に特有な家の特徴(デザイン)は、そこで採れる建築材料とそこの気候によって決まってきます。強い台風が来る、たくさんの雪が降るなど、その厳しい環境に耐えるように屋根の形や窓などが工夫されています。そして現代では、この工夫に科学技術が用いられ、安全で安心な、快適でエコな建築が造られています。建築デザイン学科では建築デザインのための工学基礎としてこれらの知識、知恵を学びます。

教育研究活動(現在)

私の専門は建築学の中の建築環境・設備工学という研究分野で、主に住宅での水やエネルギー消費量について調査・研究をしてきました。同分野では熱や空気、音・光など建築にかかわる物理現象を扱うことが多いのですが、私の分野は人の行動(生活の仕方)が大きく関わっているので、アンケート調査や実測が多く、実験室では生活行為を再現する被験者実験などを行ってきました。現在は「資源ごみの洗浄にかかわる環境負荷に関する研究(略)」を行っています。
 

教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
保有資格
  • 技術士(衛生工学部門)
  • 一級建築士+設備設計一級建築士
  • 建築設備士
  • 一級管工事施工管理技士
  • 消防設備士(甲種一類)
著書
  • 基礎からわかる給排水設備 共著 (2009)
  • 建築の設備入門 共編著 (2009)
  • 他、3冊
論文
  • Study on the Water Supply Load and Energy Consumption involved with Washing of Recyclable Waste (共著)(2013)ISTS 2013 3rd International Symposium on Technology for Sustainability, Book of Abstracts
  • 湯量・湯熱量に基づく給湯負荷評価 標準家族居住の集合住宅における給湯・給水消費に関する実態調査(共著)(2003)(空気調和・衛生工学会論文集)
  • 湯・水消費の季節変動要因についての分析 都市型集合住宅における給湯・給水の消費構造分析と評価方法に関する研究(共著)(2003)(日本建築学会計画系論文集)
  • 集合住宅における給湯システム容量に関する研究(共著)(1998)(日本建築学会計画系論文集)
  • その他