教員紹介

髙口 裕芝

髙口 裕芝Hiroshi Kouguchi

航空工学科/教授

九州大学大学院工学研究科機械工学専攻 修士課程修了
鹿児島大学大学院理工学研究科物質生産科学専攻 博士後期課程単位修得のうえ退学
博士(工学)

受験生へのメッセージ

世の中、凄く便利で快適になりました。世の中を快適にしている航空機、新幹線、車、携帯電話、パソコン、高層建築、大型橋梁 等々は全て工学の産物です。しかし、工学の使い方を誤ると地球に色々なひずみをもたらします。地球のひずみを取る事が出来るのも工学です。受験生の皆さん、工学を学び、自分自身の手でかけがえのない地球を守りながら、工学を正しく使って人々の生活をより一層快適にしてみませんか?

教育研究活動(現在)
専門分野
宇宙工学、伝熱工学、流動工学
現在の研究テーマ

1.    ハイブリッドロケットエンジンに関する研究

2.    DCアークジェットエンジンの性能に関する研究

主な講義科目
宇宙工学(ロケットエンジン、宇宙工学概論、航空宇宙材料、宇宙科学概論)、
伝熱工学、CADリテラシー・演習、実験(DCアークジェットエンジンの性能評価)
教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
主な研究業績

研究論文

 

(1) 髙口裕芝:「吹出し管を備えた吸込みノズルの粉粒体空気輸送特性に関する研究」(学位論文)

(2) 髙口裕芝、福原稔、森山晃貴、田中達也、峰浩希、片野田洋:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす吸込み流速の影響」, J. Soc. Powder Technol., Japan, 53, pp 194-201(2016)(査読付)

(3) 福原稔、髙口裕芝、田中達也、峰浩希、林田洸利紀、小松大介、片野田洋:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす粒子径の影響」, J. Soc. Powder Technol., Japan, 54, pp 194-201(2017)(査読付)

(4) 福原稔、高本健太、小田啓貴、小嶋良昌、髙口裕芝、片野田洋:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼすノズル深さの影響」, J. Soc. Powder Technol., Japan, 49, pp 92-97, (2012)(査読付)

(5) 髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 森山晃貴:「吹出し管を備えた吸込みノズル入口近傍の粉体流れの可視化-粒径の影響-」, 第42回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.34-Suppl. No.1,pp.127-128, (2014).

(6) 髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 山口洋和, 矢野喬寛:「吹出し管を備えた吸込みノズルの混合比に及ぼす粒径の影響(第1報,粒径の範囲)」, 日本機械学会九州支部第66期講演論文集,No.138-1, pp.205-206, (2013).

(7) 髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 矢野喬寛:「吹出し管を備えた吸込みノズルの混合比に及ぼす粒子径の影響」, 日本機械学会九州支部鹿児島講演論文集,No.138-3, pp.151-152. (2013).

(8) 片野田洋, 髙口裕芝:「ハイブリッドロケットエンジン試験機におけるノズルの熱影響について」, 日本溶射学会第106回(2017年度秋季)全国公演大会講演論文集, PP.3-4, (2017)

(9) 森山晃貴、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋,田中達也:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす吸込み流速の影響(第1報,ノズル深さを変化させた場合)」, 日本機械学会九州支部第68期講演論文集,No.158-1, (2015).

(10) 森山晃貴、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋,田中達也:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす吸込み流速の影響(第2報,吹出し挿入長さを変化させた場合)」, 日本機械学会九州支部第68期講演論文集,No.158-1, (2015).

(11) 矢野喬寛、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋,森山晃貴:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす粒径の影響(第1報,ノズル深さを付加しない場合)」, 日本機械学会九州支部第67期講演論文集,No.139-1, (2014).

(12) 矢野喬寛、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋,森山晃貴:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす粒径の影響(第2報,ノズル深さを付加した場合)」, 日本機械学会九州支部第67期講演論文集,No.138-1, (2014).

(13) 森山晃貴, 髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋:「環状吹出し管を備えた吸込みノズル入口近傍の粉体流れの可視化」, 第42回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.34-Suppl. No.1,pp.125-126, (2014).

(14) 山口洋和、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 矢野喬寛:「吹出し管を備えた吸込みノズルの混合比に及ぼす粒径の影響(第2報,軸方向の幾何形状を変化させた場合)」, 日本機械学会九州支部第66期講演論文集,No.138-1, pp.207-208, (2013).

(15) 山口洋和、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 矢野喬寛:「吹出し管を備えた吸込みノズルの混合比に及ぼす粒径の影響(第3報,吹出し管肉厚を変化させた場合)」, 日本機械学会九州支部第66期講演論文集,No.138-1, pp.209-210, (2013).

(16) 小嶋良昌,髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 山口洋和:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす平均粒径の影響」, 日本機械学会九州支部第65期講演論文集,No.128-1, pp.47-48, (2012).

(17) 山口洋和、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 矢野喬寛: 「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に関する研究」, 第40回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.32-Suppl. No.2,pp.233-234, (2012).

(18) 山口洋和、髙口裕芝, 福原稔, 片野田洋, 亀田昭雄: 「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす粒径の影響」, 第40回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.32-Suppl. No.1,pp.85-86, (2012).

(19) 小嶋良昌,福原稔, 片野田洋, 髙口裕芝, 山口洋和:「吹出し管を備えた吸込みノズルの空気輸送特性に及ぼす粒径径の影響」, 第39回可視化情報シンポジウム講演論文集,Vol.31-Suppl. No.1, (2011).

特許

(1) ロケットのパラシュート放出装置(第01666675号)

(2) 地雷原処理装置の制動装置(第02050430号)

(3) ロケットのノズルクロージャー装置(第02139365号)

(4) 飛翔体の装填装置(第02000572号)

(5) 飛翔体(第03230712号)

(6) 子飛翔体放出装置(第03292339号)

職歴

1.1979年4月 日産自動車(株)入社
宇宙航空事業部にて固体ロケットモータの研究開発に従事

(1) 1980~1983年 地対艦誘導弾、地対空誘導弾固体ロケットモータの開発

(2) 1984~1988年 地雷処理システムの開発

(3) 1988~1993年 榴弾砲用ベースブリード弾ベースブリードユニット開発

(4) 1994~1996年 量産機種維持設計業務

(5) 1997~2000年 固体ロケットモータ推進薬品質保証業務
・各種宇宙・防衛用固体ロケットモータ推進薬品質保証
・H-ⅡA 固体ロケットブースターの開発

2. 2000年7月 宇宙航空事業部の日産自動車(株)→石川島播磨重工業(株)への営業譲渡により、(株)IHIエアロスペースへ転籍

(1) 2001~2006年 弾道ミサイル防衛用誘導弾日米共同研究
第2段ロケットモータ研究試作及び評価試験

(2) 2007~2008年 新規装備品研究および既装備品改善研究

所属学会

日本航空宇宙学会、  日本機械学会

連絡先

h-kouguchi@daiichi-koudai.ac.jp