教員紹介

仮屋 孝二

仮屋 孝二Kohji Kariya

機械システム工学科/入試事務局長・教授

鹿児島大学 大学院理工学研究科
物質生産科学専攻博士後期課程修了
博士(工学)

受験生へのメッセージ

工学の「基幹」とも言える総合分野の機械工学は、社会からの技術的ニーズがますます広がっています。
機械システム工学科で幅広く社会に適応できるエンジニアを目指しましょう。

教育研究活動(現在)
  • 金属材料における疲労強度特性の研究
  • 微小き裂特性に及ぼす湿度の影響に関する研究
  • 自動車用前照灯の照射特性に関する研究
  • 次世代自動車における電子制御式故障診断装置の研究
  • 感音性片耳難聴者用補聴デバイスに関する研究開発
教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
教育

自動車工学、自動車検査、自動車法規、電子応用機器 他

所属学会
  • (社)日本機械学会 九州支部副地区長 商議委員
  • (社)日本材料学会 疲労部門委員
  • (社)自動車技術会
  • (社)日本リハビリテーション工学協会
研究論文
  • 「時効硬化Al合金の疲労き裂伝ぱ挙動に及ぼす環境変化の影響」 日本材料学会 九州支部第3回学術講演会(2016)pp.27-28
  • 「時効硬化Al合金の疲労特性における特異なき裂伝ぱ特性について」日本材料学会 第65期学術講演会(2016) 
  • 「Alloy718の疲労特性に及ぼす二段時効の効果」 日本材料学会九州支部第2回学術講演会(2015)pp.31-32
  • 「マルエージング鋼の中高温下における疲労き裂の伝ぱ特性」 日本材料学会九州支部第2回学術講演会(2015)pp.29-30
  • 「マルエージング鋼の中高温下における疲労強度上昇機構について」 第64期 日本材料学会(2015)
  • 「高湿度中における高強度Al合金7075-T6押出材の疲労き裂伝ぱ機構」日本機械学会論文集 Vol.81 No.825,2015
  • 「高湿度中における高強度Al合金の疲労特性に及ぼすショットピーニングの影響」日本機械学会論文集 Vol.81 No.825,2015
  • 「Effect of Humidity on Fatigue Properties of Shot-Peened High Strength Al Alloy 」
    12th International Conference on Shot Peening (ICSP-12),CD-ROM,(2014)
  • 「Tensile Properties and Fatigue Strength in High Humidity in Extruded 7075 Al Alloy with Different Aging Conditions」
       Advanced Materials Research Vol.845(2014) pp.292~296. 
  • 「マルエージング鋼の疲労特性改善に有効な時効条件」 2013年12月 材料 第68巻 第12号 pp.756-763.
  • 「Al合金鋳物の疲労き裂伝ぱ挙動に及ぼすバイオディーゼル燃料の影響」2012年12月 日本機械学会論文集 第78巻 第796号 pp.1602-1609.
  • 「Fatigue Fracture Mechanism of Extruded Al Alloy 7075-T6 in High Humidity」Key Engineering Materials, Vols.488-489(2012), pp.45~48.
  • 「Al合金7075-T6押出し材の疲労き裂伝ぱ挙動に及ぼす湿度の影響」 2012年8月 材料 第61巻 第8号 pp.712~718.
  • 「Effect of Humidity on Fatigue Strength of Age-hardened Al Alloy under Rotating Bending」Key Engineering Materials, Vols.452-453(2011), pp.745~748.
  • 「時効硬化Al合金の疲労特性に及ぼす時効組織および湿度の影響」 2011年11月     材料 第60巻 第11号 pp.1015~1022.
学会発表
  • 「次世代自動車用高強度Al合金の疲労特性に関する研究」㈳自動車技術会 2016年秋季大会 ポスターセッションH28.10.20~22 (札幌コンベンションセンター)
  • 「時効硬化Al合金における特異な疲労破壊とその巨視的および微視的様相」第14回フラクトグラフィシンポジウム H28.10.14(京都テルサ)
  • 「振動による音源方向を呈示する補聴システムの開発」第31回リハ工学カンファレンスinこうち H28.8.26~28(高知県立ふくし交流プラザ)
  • 「感音性片耳難聴者用振動型補聴システムの提案」 第30回リハ工学カンファレンスinおきなわ H27.11.13~15(沖縄県総合福祉センター)
  • 「自動車用高強度Al合金の疲労特性に関する研究」 ㈳自動車技術会 2015年秋季大会 H27.10.15~16(西日本総合展示場)
  • 「時効硬化Al合金の超音波疲労におけるせん断形き裂の伝ぱについて」  ㈳日本材料学会 九州支部第1回学術講演会(中国・九州支部合同研究会)  H26.12.13(鹿児島大学)
  • 「Alloy718の中高温における超音波疲労強度」㈳日本材料学会 九州支部第1回学術講演会(中国・九州支部合同研究会) H26.12.13(鹿児島大学)
  • 「時効硬化Al合金の疲労破壊の結晶学的解析」  ㈳日本材料学会 九州支部第1回学術講演会(中国・九州支部合同研究会)  H26.12.13(鹿児島大学)
  • 「時効硬化Al合金のショットピーニングによる疲労強度の改善」  ㈳自動車技術会 2014年秋季大会 H26.10.22~24(仙台国際センター)
  • 「ショットピーニングした時効硬化Al合金の高湿度中における疲労特性」  ㈳日本機械学会 2014年次大会 H26.9.7~10(東京電機大学)
  • 「高湿度中における7075-T6押出材の疲労き裂伝ぱ特性」 ㈳日本機械学会 M&M2014カンファレンス H26.7.18~21(福島大学)
  • 「超音波と通常の繰り返し速度下における疲労特性の比較」 ㈳日本材料学会 第62期通常総会‣学術講演会 H25.5.18(東京工業大学)
  • 「ショットピーニングによる時効硬化Al合金の高湿度中における疲労強度の改善」㈳日本機械学会 九州支部鹿児島講演会 H25.9.28(鹿児島大学)
  • 「高強度金属材料の超音波疲労におけるき裂伝ぱ機構」 ㈳日本機械学会 九州支部鹿児島講演会 H25.9.28(鹿児島大学)
  • 「Effect of moisture on fatigue crack growth of age-hardened Al alloy」The Second Chaina-Japan Joint Symposium on Fatigue of Engineering Materials and Structures Chengdu,Chaina (2011)
特許

6件

実用新案

1件