教員紹介

岩波 基

岩波 基Motoi Iwanami

自然環境工学科/教授

早稲田大学大学院理工学研究科
博士課程前期修了

受験生へのメッセージ

自然環境工学科で勉強するものは、私たちが日頃あるのが当然と思って、食べたり、使っているものを作り、提供し、維持する仕事に関するものです。食べ物では農産物です。使っているものには、上下水道、道路、鉄道、電気の発電所と送電施設、通信の施設、街を守る河の堤防などはあります。これらのどれか一つでも地震などで失われると生活が不自由になり、ふつうに生活できなくなります。ひどくなると生命の危機に合うことさえあります。そんなことが起こらないように、生産、計画、設計、建設そして維持管理する技術と知識を持った人になるための勉強をするのが本学科です。

今の社会では、お金をたくさん稼ぐことが人生の目標だと思っている人が多くいます。しかし、そのような業界の仕事には格差が大きく、一部の人が使い切れないお金を儲けて、その他の人が日々の生活にも困る収入しか得られないことが多くあります。これに対して、本学科は、自分が働くことが多くの人にためになる土木のものづくりを学ぶ学科です。そして、結果的に平均以上の収入を得られる人がほとんどです。どちらの仕事が魅力的ですか?私は、地図に残るものをいくつか造ってきたので、それで喜んでもらえる第一工業大学を、そしてその中でも特に本学科を選んだ方が良いと思います。

教育研究活動(現在)
専門分野

トンネル工学 鉄筋コンクリート工学 地盤工学

現在の研究テーマ

・大深度立坑の合理的設計に関する研究
・地下コンクリート構造物の劣化機構に関する研究
・地下構造物の維持管理に関する研究
・シールドトンネル切拡げ技術の開発
・シールドトンネルにおける限界状態設計法の合理化に関する研究
・近接工事による地下構造物への影響評価手法に関する研究
・耐震補強一体壁のひび割れ制御に関する研究 など

おもな講義科目

土木材料学 コンクリート工学 鉄筋コンクリート構造工学基礎 鉄筋コンクリート工学 土木総合学習Ⅰ他

教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
主な研究実績

学会論文

  1. ・岩波基,橋口弘明,新井 泰:長期間供用した地中構造物のコンクリートにおける中性化について,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.37,No.2, 査読有り,2015.9
  2. ・岩波基,大石敬司,新井泰,沢木大介,長期間供用した地中構造物におけるコンクリートの品質について:土木学会,地下空間シンポジウム 論文・報告集-第20巻-,Vol.20,pp.221-232,2015.1
  3. ・水上博之,宇波邦宣,大石敬司,岩波基,大型建物基礎杭の施工がシールドトンネルに与える影響に関する一考察,土木学会,トンネル工学報告集,第23巻,pp. II_1-II_7,2014.12
  4. ・板場建太,Bat-Erdene Bolor,岩波基,大深度円形立坑の地下連続壁における設計用水圧に関する一考察,第23回トンネル工学研究発表会 土木学会論文集F1(トンネル工学),Vol.69,No.3(特集号),pp. I_31-I_41,2013.11
  5. ・岩波基,大石雅彦,阿部慎太郎,大深度ニューマチックケーソンにおける作業気圧低減による影響と対策について,土木学会,トンネル工学報告集,第23巻,pp343-348,2013.11
  6. ・荒川涼,岩波基,地下水位回復地区における変形に関する一考察,第40回地盤工学シンポジウム,pp249-252,2013.11
  7. ・岩波基,90年供用された地下コンクリートにおける地盤との接触面付近での分析と評価,コンクリート工学年次論文報告集,Vol.35,No.2, pp1471-1476,2013.7
  8. ・酒井喜市郎 , 堀地紀行, 簗瀬範彦, 岩波基,東日本大震災に伴う仙台地区地下空間調査報告:土木学会,地下空間シンポジウム 論文・報告集-第17巻-,Vol.17,pp.1-6,2013.1
  9. ・岩波基,板場建太,大深度円形立坑用の連続地中壁における設計用土圧に関する一考察,土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号Vol.68, No.3,pp.I_143-I_154,2012.11
  10. ・Kenta Itaba,Motoi Iwanami,Study of Pressures Acting on the Diaphragm Wall of a Deep Circular Shaft,International Symposium on Technology for Sustainability,PID:00126 pp329-332,2012.11
  11. ・齋藤良一,桑原正也,岩波基,西村和夫,地盤物性値のばらつきがシールド工事用セグメントの耐久性能照査結果へ与える影響について,第22回トンネル工学報告集,第22巻,pp381-387,2012.11
  12. ・岩波基,定藤誠一郎,五十嵐祐貴,大規模開削トンネル側壁における温度応力解析の結果評価に関する一考察,土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号Vol.67, No.3, pp.117-126,2011.11
  13. ・阿部広明,板場建太,岩波基,大深度円形立坑用連続地中壁に作用する側圧に関する一考察,土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号Vol.67, No.3, pp.95-108,2011.11
  14. ・岩波基,中澤智博,大石敬司,都市部での非開削切拡げ工法における仮設鋼材の挙動再現に関する試み,土木学会,第21回トンネル工学研究発表会報告集,pp.489-499,2011.11
  15. ・斎藤良一,岩波基,シールドトンネルへ許容応力度設計法を適用した際の危険確率について,土木学会,第21回トンネル工学研究発表会報告,pp.355-362,2011.11
  16. ・岩波基,木原晃司,宮沢一雄,笹尾春夫,トンネルの維持管理に関するアンケート調査結果について,地下空間シンポジウム 論文・報告集-第16巻-,Vol.16,pp.215-218,2011.3
  17. ・岩波基,平井祐貴,大石敬司,五十嵐祐貴,大規模開削トンネルの温度応力解析結果の精度に関する一考察,土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号Vol.66, No.1, pp.129-136,2010.11
  18. ・岩波基,大深度立坑仮設山留め壁の設計の現状および課題,地盤工学会誌,Vol.58, No.4, pp.24-27,2010.4
  19. ・岩波基,千代啓三,シールドセグメントの耐久性能に関する試計算,地下空間シンポジウム 論文・報告集-第15巻- ,pp.165-170,2010.1

  ほか

国際会議論文

  1. ・IWANAMI Motoi ,OISHI Keiji,ARAI Yasushi,SAWAKI Daisuke:“Suggestion about Water Pressues Action on The Diaphragm Wall of a Deep Circular Shafts“,the eighth Japan-China Conference on Shield Tunneling,pp.308-321,2015.9
  2. ・IWANAMI Motoi,ITABA Kenta:“Quality of Concrete in Underground Structure After Long Service“,the eighth Japan-China Conference on Shield Tunneling,pp.290-307,2015.9
  3. ・I.Fujiki,H.minakami,IWANAMI Motoi,Safety of Subway Structures in Proximity of New Construction of a High-Rise Building,Proceedings of the World Tunnel Congress 2014-Tunnels for a better Life.Foz do Iguaçu,Brazil,2014.5
  4. ・IWANAMI Motoi,ITABA Kenta:”A Study of Earth Pressures on Diaphragm Walls of Deep Circular Shafts”,the Seventh Japan-China Conference on Shield- Driven Tunnellig,pp.43-54,2013.9

  ほか

主な設計施工実績

・新港南台配水池築造工事(その1)横浜市水道局 設計との地盤差違に伴う杭仕様設計変更 設計変更主担当者1993年
・首都高速道路公団湾岸線BY412工事 多壁式基礎詳細設計,設計主担当者1993年
・東京湾横断道路川崎東工事 U型擁壁詳細設計,設計主担当者1995年
・岩倉大橋架設工事 橋本市 上下部工詳細設計 2001年 設計主任技術者
・東京ディズニーシー水処理施設建設工事(土木・建築)工事(株)オリエンタルランド, 設計主任技術者,2001年
・高吾北広域町村事務組合 埋立処分地施設建設工事その1(最終処分場)高吾北広域町村事務組合 盛土及び擁壁設計2002年 設計主任技術者
・KJ125工区(2-2)トンネル工事 U型擁壁設計 首都高速道路公団 2003 設計主任技術者
・栄処理区東俣野幸浦線(第3工区)下水道整備(シールド)工事 シールド工法への工法変更設計業務 横浜市 2003 施工計画および設計変更主任技術者
・準用河川水貫川貯水槽築造工事 SMW土留め壁本体利用設計変更 米子市 2004    施工計画立案者,設計主任技術者
・秋田中央道路整備工事 土留め工及びケーソン工設計(SA20-20)(換気塔築造)秋田県 2004 総合入札方式技術提案作成責任者,施工計画立案者,設計照査技術者
・スリランカ 高速道路橋梁 5橋 ODA 完成2006年 設計主任技術者 2004
・中部国際空港(セントレア)連絡道路築造工時 常滑沖埋立盛土沈下量管理施工計画立案責任者2004
・第二京阪(大阪北道路)倉治地区下部その他工事 国土交通省近畿地方整備局 完成2004年 設計主任技術者
・第二名神高速道路高野高架橋(PC上部工)下り線工事 第二名神高速道路笹路川橋(PC上部工)上り線工事 日本道路公団関西支社 2005 設計照査技術者
・第二東名高速道路 第二掛川トンネル到達坑口法面安定設計変更工事 日本道路公団静岡支社 2005 設計主任技術者
・13号線高田A線工区土木工事(集水ポンプ室) 帝都高速度交通営団 2005 施工計画立案者,設計主任技術者
・徳山ダム堤体建設三期工事 (独)水資源機構 完成2006 放水塔施工計画立案者
ほか

主な講演

・2015年 10月 講演題目:熊谷組技術発表会「熊谷組に望まれること」基調講演
・2015年10月 講演題目:土木学会 トンネルライブラリーに関する講習会「切拡げの展望」講演
・2015年7月 講演題目:土木学会大阪 地下空間ライブラリー第1号に関する講習会「アセットマネジメントの歴史と現状」講演
・2015年3月 講演題目:土木学会東京 地下空間ライブラリー第1号に関する講習会「アセットマネジメントの歴史と現状」講演
・2015年2月 講演題目:地盤工学会「シールド工法 講習会,計画・調査について」
・2015年1月 講演題目:土木学会 トンネルライブラリーに関する講習会「立坑の課題と展望」講演
・2013年 1月 講演題目:地盤工学会「シールド工法 講習会,計画・調査について」
・2010年 10月 講演題目:「平成22年度 新潟県コンクリート診断士会総会」基調講演
・2010年 2月 講演題目:北陸建設弘済会 第3回ながおか橋と道路の教室「橋の基礎構造について」
ほか

競争的資金

・基盤研究(C)(一般)「トンネルコンクリートへの科学的マネジメント導入ための漏水部劣化予測に関する研究」(2016~2018年度) 3,600,000円
・メトロ開発株式会社「都市高速鉄道と交差・近接する工事による鉄道構造物への影響に関する共同研究」2016年度 補助金の交付決定額900.000円
・日本シビックコンサルタント株式会社「大深度ケーソン立坑のひび割れ抑制に関する共同研究」2015年度 補助金の交付決定額1,200.000円
・タキロンエンジニアリング 共同研究「THS工法の開発」2015年度 補助金の交付決定額250,000円
・新潟コンクリートメンテナンス研究会 寄付金「岩波教授の研究に関する寄付金」2015年度 補助金の交付決定額95,000円
・長岡技術科学大学学長経費助成金「都市トンネルの信頼性設計法に関する検討と,その試設計について」2015年度 補助金の交付決定額190,000円
・メトロ開発株式会社「都市高速鉄道と交差・近接する工事による鉄道構造物への影響に関する共同研究」2015年度 補助金の交付決定額900.000円 
・(株)タキロン 共同研究「既設埋設管の補強効果における照査方法に関する研究」2014年度 補助金の交付決定額700,000円
・タキロンエンジニアリング 共同研究「THS工法の開発」2013年度 補助金の交付決定額232,000円
・新潟コンクリートメンテナンス研究会 寄付金「岩波教授の研究に関する寄付金」2014年度 補助金の交付決定額95,000円
・長岡技術科学大学学長経費助成金「都市トンネルの信頼性設計法に関する検討と,その試設計について」2013年度 補助金の交付決定額190,000円
・メトロ開発株式会社「都市高速鉄道と交差・近接する工事による鉄道構造物への影響に関する共同研究」2013年度 補助金の交付決定額1,363.367円 
・(株)タキロン 共同研究「既設埋設管の補強効果における照査方法に関する研究」2013年度 補助金の交付決定額700,000円
・タキロンエンジニアリング 共同研究「THS工法の開発」2012年度 補助金の交付決定額232,000円
・新潟コンクリートメンテナンス研究会 寄付金「岩波教授の研究に関する寄付金」2013年度 補助金の交付決定額95,000円
・メトロ開発株式会社「都市高速鉄道と交差・近接する工事による鉄道構造物への影響に関する共同研究」2012年度 補助金の交付決定額910,000円 
・清水建設(株) 「シールドトンネル急曲線部における合理的な地盤改良の設計に関する研究」2012年度 補助金の交付決定額900,000円
・(株)タキロン 共同研究「既設埋設管の補強効果における照査方法に関する研究」2012年度 補助金の交付決定額900,000円
・メトロ開発株式会社「都市高速鉄道と交差・近接する工事による鉄道構造物への影響に関する共同研究」2011年度 補助金の交付決定額910,000円 
・汎技術事務所 寄付金「岩波教授の研究に関する寄付金」2011年度 補助金の交付決定額450,000円 ・日本シビックコンサルタント㈱「コンクリートのひび割れ抑制効果に関する研究」2011年度 補助金の交付決定額200,000円
・長岡技術科学大学学長経費助成金「都市トンネルの信頼性設計法に関する検討と,その試設計について」2011年度 補助金の交付決定額300,000円
ほか

学協会活動等

学会

・(社)地盤工学会 関東支部「地盤隆起問題研究委員会」2010年~2014年
・(社)土木学会 関東支部 新潟会 幹事 2010年~2013年
・(社)地盤工学会 関東支部「地盤隆起問題研究委員会」2010年~2014年
・(社)地盤工学会 北陸支部 評議員 2010年~2016年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/シールド工事用立坑の設計法検討部会/仮設WG」主査 2010年~2015年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/シールド工事用立坑の設計法検討部会」幹事長 2010年~2015年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/土木学会論文集F1(トンネル工学)特集号編集小委員会」委員 2011年~現在
・(社)土木学会「地下空間研究委員会/第1回地下空間シンポジウム表彰委員会」委員 2011年~2012年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/シールド工法小委員会」委員 2012年~現在
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/トンネル標準示方書改訂委員会/シールド工法小委員会 第5(限界状態)分科会」主査 2012年~現在
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/シールド工法小委員会 第2(覆工)分科会」委員 2012年~現在
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/シールド工事用立坑の設計法検討部会/編集WG」主査 2012年~2015年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/トンネル技術交流部会」部会長 2012年~2015年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/運営小委員会」委員 2012年~2015年
・(社)土木学会「トンネル工学研究委員会/トンネル維持管理事例に関する調査部会」委員 2014年~現在
ほか

社会活動

・第6回日中シールド技術交流会 実行委員会 事務局長 2010年~2011年
・(社)日本トンネル技術協会・東京地下鉄(株)「地下水位回復・広域地盤隆起に伴う地下鉄トンネル影響検討委員会」副委員長 2011年~2015年
・(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 「第2次十日町トンネル」技術顧問 2012年
・(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構「相鉄・東急直通線地盤変動監視委員会」委員2012年~現在
・第7回日中シールド技術交流会 副主査 2013年
・THS工法協会 顧問2013年~2015年
・新潟県「新潟県道路施設維持管理検討委員会」専門家委員2013年~2014年
・国土交通省北陸地方整備局「総合評価審査委員会」委員 2013年~2016年
・神奈川県「葉山層大規模構造物技術検討会」委員2014年~現在
・(社)日本トンネル技術協会・東京地下鉄(株)「既設構造物と新設構造物との接合に関する設計・施工法検討委員会」幹事長 2014年~

所属学会・団体

土木学会,コンクリート学会,地盤工学会,日本トンネル技術協会

保有資格

・1級土木施工管理技士
・フレシネー技士
・技術士(建設部門)
・VEリーダー
・1級造園施工管理技士
・コンクリート主任技士
・コンクリート診断士
・プレストレストコンクリート技士








9008415号
4767号
37310号
9809653号
98131662号
92235425号
03040525号
200400974号

著書

・大塚正博,池尻 健,笹尾春男,岩波 基,山田弘幸,木村定雄,他21名,地下空間・ライブラリー 地下構造物のアセットマネジメント -導入に向けて-,土木学会,pp5-10,2015.2
・小泉 淳,岩波 基,新井 泰,西田与志雄,他29名,トンネルライブラリー シールド工事用立坑の設計,土木学会,pp4-1,20-35,41,44-49,6-1-6,資料3-1-6,資料4-1-5,資料5-1-2,2015.1
・小泉 淳,斉藤正幸,清水幸範,井浦智実,岩波 基,栗木実,多田幸夫,橋本博英,松村圭二,三戸憲二,シールド工法,地盤工学・実務シリーズ29,地盤工学会, 2012.2
・宮崎祐介,小林薫,岩波 基,内山伸,熊谷幸樹,熊谷俊雄,小島謙一,溝呂木功,元井康雄,米澤豊司,山留めの創意工夫となるほど納得Q&A,地盤工学会,Q31,33,35,41,2011.11
・小泉 淳 , 岩波 基 他27名,トンネルライブラリー第23号 セグメントの設計【改訂版】,土木学会,pp.111-142,2010.2
ほか


概説

・岩波基,小泉淳,最近のケーソン工法 ケーソンを用いた立坑の設計,基礎工 Vol.43,No.5,pp.019-022,2015.5
・丸山久一,井林康,岩波基,他:「塩害環境下における既存コンクリート構造物の地域立脚型維持管理システムの開発と実践,特集 地域とともに 第16回「北陸地域の活性化」に関する研究助成事業(下)」,(社)北陸建設弘済会 こうさいだより,pp.12-15,2012.6
ほか

受賞
  • 平成6年熊谷組社長表彰「首都高速道路公団湾岸線BY412工事 多壁式基礎工事」
  • 平成8年熊谷組土木本部長表彰「東京湾横断道路川崎東工事」
  • ・平成13年熊谷組土木本部長表彰「首都高速道路公団湾岸線KJ125工区 設計施工工事」
  • 平成16年熊谷組土木本部長表彰「つくばエクスプレス伊奈・谷和原工事」
  • 土木学会「トンネル工学研究発表会優秀講演賞」2011年1月
  • 土木学会「トンネル工学研究発表会優秀講演賞」2013年1月

  ほか

連絡先

m-iwanami[a]daiichi-koudai.ac.jp ([a]を@に変えて下さい)