教員紹介

古田 智基

古田 智基Tomoki Furuta

建築デザイン学科/教授

東京大学
博士(工学)

受験生へのメッセージ

日本では、「地震」を避けて住むことはできません。最近では気候変動の影響による「耐風」対策も考えなくてはなりません。
建物を自然災害から守るには、その「構造」が鍵となります。人命確保、財産確保のための「建築構造」、「構造力学」を初歩から学びませんか。
そして、大学では最後まで「やり抜く」、「やりきる」力が身に付きます。将来に向かって前向きにトライしてみませんか。

教育研究活動(現在)
  • 建築構造入門・基礎・応用、鉄骨構造、建築法規等の講義を受け持ち、建築構造全般にわたって耐震補強を含み耐震安全性を検討。
  • 特に現在は、戸建て住宅(軸組工法・金物工法)向け制振デバイスの開発研究
  • 免震・制振構造の安全性の検討
教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)
  • ゼネコン、耐震改修・補強専門会社、デバイスメーカー経験を経て2012年4月に本学教授に就任
  • 耐震改修・補強設計:多数
  • 免震設計・解析:多数
  • 免震・制振デバイス設計(特許含む):多数
保有資格
  • 1級建築士(構造設計1級建築士)
  • 宅建主任者
  • マンション管理士
  • 管理業務主任者
著書
  • The Evaluation of a Simple Damper Device with High Damp-ing Rubber for Wooden Houses / Proceedings of the 14th European Conference on Earthquake Engineering, No.1216
  • The Evaluation of a Damper Device with High Damping Rubber-for Wooden Houses / Proceedings of the International Conference on Improving the Seismic Performance of Existing Buildings and Other Structures, pp.1046-1056
  • Evaluation of Shear Capacity of RC Columns Strengthened by Continious Fiber / Proceedings of the 6th Interna-tional Symposium on Fi-ber-Reinforced Polymer (FRP) Reinforcement for Concrete Struc-tures, Vol.1, pp.507~516
    他多数