教員紹介

古川 靖

古川 靖Yasushi Furukawa

航空工学科/准教授

日本大学大学院理工学研究科博士前期課程物理学専攻
博士(理学)

受験生へのメッセージ

近年、宇宙の精密観測が可能になり、正体不明の物質「ダークマター」と宇宙を加速的に膨張させる正体不明の「ダークエネルギー」が宇宙の大半を占めていることがわかってきました。膨張宇宙の未来はこの「ダークエネルギー」の正体にかかっているといってもよいでしょう。これらを解明することが、現代の宇宙論研究の大きなテーマとなっています。宇宙の解明は、これからが本番といえるのかもしれません。宇宙のなぞに挑戦してみませんか!

教育研究活動(現在)
『宇宙の始まりと進化を探る』

遠方にある銀河が遠ざかっているという観測結果によって、宇宙は膨張していると考えられています。この膨張過程を逆にたどれば、過去に宇宙はほぼ一点に集中していたことになります。そこから、ビックバンとよばれる“大爆発”によって宇宙が膨張を始め、素粒子の生成→元素の合成→星の誕生と宇宙が進化する様を説明しようとするのがビックバン宇宙論です。当研究室では、このような宇宙の始まりと進化の問題に取り組んでいます。《キーワード》ビックバン宇宙論、高次元宇宙論、統一場理論。

教育研究・技術業績(過去)(保有資格等)

素粒子論の研究。特に、場の量子論に「くりこみ群」を応用することで、大きさ(またはエネルギー)のスケールを変えたときの物理法則の変化や、相転移における臨界現象について研究した。《キーワード》素粒子論、ゲージ場の量子論、くりこみ群、臨界現象、統一場理論。