附属図書館

利用ガイド

図書、映像資料の閲覧、貸出などの利用方法は下記のようになっております。

(1)閲覧、貸出、返却の手続き
  • 閲覧、貸出、返却の手続きは、第1書庫の受付カウンターで行うようになっています。
(2)開館日及び開館時間(詳細は「図書館案内」をご覧ください。)
  • 書庫(開架)及び閲覧室
      月 ~ 金  : 09:00~20:00
  • カイロス室
      月 ~ 金  : 09:00~20:00
  • メディアルーム
      月 ~ 金  : 09:00~17:00
(3)休館日・閉館日
  • 土曜日、日曜日及び国民の祝日
  • 夏季、冬季休業中の一部
  • 創立記念日(10月20日)
  • その他、本学が定める日
(4)図書の閲覧
  • 開架書庫の図書を自由に閲覧できます。またその図書を借りることもできます。
  • カイロス室の日刊新聞、各種雑誌類は自由に読むことが出来ます。
(5)館外貸出
  • 貸出は無料となっております。
    • ① 図書の貸出冊数および期間は、次のとおりです。
      • 学 生:2冊、1週間(但し、夏季及び冬季休業中は5冊まで可能です)
             学生は、図書の貸出の際に学生証が必要です。
      • 教職員:5冊、3週間
      • 学外者:2冊、1週間 ・・・(6)を参照して下さい。
    • ② 特別貸出
      • 教職員並びに卒業研究担当教員の指名した学生に限り、教員等の許可を得て「特別貸出図書申込書」に記入し、提出すれば、長期の貸出を受けることができます。
(6)学外者の図書館利用
  • 地域住民等、学外者も附属図書館を利用できます。
  • 来館の際には、事前にお電話にてご連絡ください。
    (利用時には免許証、保険証、住民票等、何れか一つの公的書類で住所、氏名を確認できるものが必要です。)
  • 蔵書は、本学の各学科に関係の深い社会環境・土木工学、航空宇宙工学、情報・電子・通信・電気工学、機械工学、建築・デザイン学の図書が主体となっております。
(7)映像資料の鑑賞
  • 映像資料の鑑賞は、館内のみで可能となっております。
  • 映像資料一覧からタイトルを選択し、申請書に記入後、受付カウンターで借用手続きをして、メディアルームで鑑賞できます。
  • 映像資料を借りるには学生証が必要です。
  • 映像資料のジャンルは、映画、音楽、美術(美術館)、自然科学、航空、語学教材等です。
(8)パソコンの活用(自習、自由研究)
  • 1階、メディアルームのパソコンを利用できます。
  • 2階、国際交流センターでは、自習、自由研究の他、自分のノートパソコンを持ち込み、インターネットの活用ができます。(パソコン持参の際、電源コードは持参ください。)
(9)複写機の利用
  • 第1書庫の受付カウンターに申し込み、必要な資料等を複写できます。
  • 複写は有料です。(モノクロ1枚10円)
  • 使用にあたっては、著作権法に基づき許される範囲に留意しコピーして下さい。