第一工業大学 都築教育学園
社会連携センター
line_pttl
フォーラム「今後の高付加価値木造住宅とは」を開催(建築デザイン学科・社会連携センター)
2017/11/06

フォーラム「今後の高付加価値木造住宅とは~熊本地震でも耐え抜く魅力ある木造住宅~」を開催します

社会連携センター

 第一工業大学社会連携センターでは、「今後の高付加価値木造住宅とは~熊本地震でも耐え抜く魅力ある木造住宅~」と題して、文部科学省COC+事業のフォーラムを開催します。

 鹿児島県下のハウスメーカー3社(鎌田建設㈱、ヤマサハウス(株)、㈱アーバン開発)を招き、特徴を紹介します。

  また、木造住宅の「デザイン、敷地(地盤)、耐震」といった切り口から、学術的側面を通して「今後の安価な高付加価値木造住宅」について公開討論します。

 ぜひお越しください。

 

テーマ:「今後の高付加価値木造住宅とは~熊本地震でも耐え抜く魅力ある木造住宅~」
会場:第一工業大学 新館ソラトピア棟3F Aゼリアホール
日時:12月14日(木)15:00~16:30
定員:無し
料金:無料
参加申込:不要

内容

 

鹿児島県下木造住宅メーカー特徴紹介(鎌田建設㈱、ヤマサハウス(株)、㈱アーバン開発) デザインのポイント 奥野教授 敷地(地盤)のポイント 菅谷教授 耐震のポイント 古田教授 学生の意見、コメント ディスカッション、まとめ

 

問い合わせ:社会連携センター 電話0995-45-3003

 

※画像をクリックすると拡大図が表示されます(PDFファイル)

最新2017201620152013


icon_02
  • 入試案内
  • アクセス
  • 資料請求
  • オープンキャンパス情報
  • 個人情報について
  • top
    top 上に戻る
    icon_02 サイトTOPへ

    (C)第一工業大学