社会・地域連携センター

公開講座『いつまでも自宅で暮らすために~高齢期の住まい~』(社会連携センター/建築デザイン学科)

2015-10-28

公開講座『いつまでも自宅で暮らすために~高齢期の住まい~』

社会連携センター/自然環境工学科  10月24日(土)、一般市民を対象とした公開講座が開催されました。建築デザイン学科では、『いつまでも自宅で暮らすために~高齢期の住まい~』というタイトルで開催されました。終の棲家として自宅を希望する人が多いことは、近年のアンケート調査等により広く認識されています。公開講座では、高齢期の住宅について、講義と参加者による検討作業や討論が行われました。