社会連携センター

COC+事業「学生との意見交換会」がありました!(社会連携センター)

2018-06-20

COC+事業「学生との意見交換会」がありました!

社会連携センター

  

 去る6月5日(火)、第一工業大学厚生会館カフェテリアにて、この秋に開催が予定されているCOC+事業「COC+フォーラム」の企画会議「学生との意見交換会」が開催されました。
 COC+事業とは、文部科学省が実施する「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」のことで、県内の7大学、1高専が参加する地方創生事業です。主な目的として、県内に進学した学生に地元就職を促すさまざまな活動をおこなっています。
 今回の「学生との意見交換会」は、今秋開催予定の「COC+推進フォーラム2018」の構成に学生の意見やアイディアを反映させるために開かれました。当日は鹿児島大学産学・地域共創センターから3名来校いただき、本学からは学友会、ワンダーフォーゲル部の学生を中心に9名、教職員4名、合計16名で意見交換を行いました。会の初めは、緊張もあってか堅苦しい面持ちの学生でしたが、中盤では笑顔も見られ、活発に自身の意見を述べていました。本学の学生9名の貴重な意見がフォーラムの開催に取り入れられ、実りあるイベントになることを願っています。学生のみなさんご協力ありがとうございました。


参加学生:

航空工学科・東條志帆さん(国分高校)、阿蘇谷遥至くん(国分高校)
情報電子システム工学科・生田彩夏さん(出水高校)、郡山菜緒さん(鹿児島情報高校)
機械システム工学科・塗木彩さん(鳳凰高校)
自然環境工学科・辻愛友夢くん(厚木北高校)
建築デザイン学科・麻生大雅くん(筑紫台高校)、齊藤魁利くん(宮崎工業高校)、迫田天雄くん(秀岳館高校)

 

 

 

↑ページのトップへ