社会連携センター

平成30年度「かごしま青年塾」開講式に本学学生が参加しました(社会連携センター)

2018-07-02

平成30年度「かごしま青年塾」開講式に本学学生が参加しました

社会連携センター

  

 

 6月17日(日)鹿児島県庁にて「かごしま青年塾」の開講式が開かれ、本学からは2年生4名の学生が参加しました。(情報電子システム工学科・郡山菜緒さん(鹿児島情報高校出身)・生田彩夏さん(出水高校)・航空工学科・永啓悟くん(加治木高校)・阿蘇谷遥至くん(国分高校))

 「かごしま青年塾」とは県教育委員会が主催し、県内外で活躍する経営者を講師陣に迎え、地域を支える鹿児島のリーダーを育成するために年間を通して開講される企画です。

 開講式では、三反園県知事のあいさつの後、(株)島津興業取締役相談役、島津公保氏、かごしまPR課明治維新150周年推進室専門員、吉満庄司氏、SMBC日興証券(株)、久保哲也氏らの講演を聴講しました。

 講座カリキュラムは、これから1年間をかけて、講演会、企業等での現地研修、若手リーダーとの交流会など多彩なメニューが組まれており、学生にとって大変貴重な経験になることでしょう。

 開講式に参加した阿蘇谷くんからは、「今回参加したかごしま青年塾は、極めて有意義な時間でした。複数の講演を拝聴しましたが、一貫して『一歩を踏み出す大切さ』を感じました。これから一歩を踏み出し、進み続けるためにも、多くの交流を通して様々な事を学んでいきたいです。」と頼もしいコメントを頂きました。

 参加学生のみなさん、次世代のリーダーを目指し頑張ってください!!

当日の模様は、南日本新聞にも掲載され、本学郡山さんのインタビューも掲載されました。

 

↑ページのトップへ