社会・地域連携センター

本田准教授が案内役を務めるツアーの参加者募集中

2021-01-25

本田准教授が案内役を務めるツアーの参加者募集中

 社会・地域連携センター

 

 自然環境工学科の本田准教授が案内役を務める「名も無き石工が架けた石橋と薩摩の武士が生きた町「日本遺産 喜入の旧麓」を歩く旅」のツアー参加者募集が開始しました(※鹿児島市民が対象です)。
 このツアーは、鹿児島市が進める「コロナ禍における新たな観光スタイルの模索と、今後につながる新たな観光素材の掘り起こしを目的とした、マイクロツーリズムモニターツアー事業」の一環として実施されるものです。
 日常の行動が大きく制限されがちな今の状況を逆手に取るようなユニークな企画です。普段なら見落としてしまうような身の回りの歴史や環境を見直すきっかけになるかもしれません。

 

 鹿児島市ウェブサイトは こちら

 Tabi & Coco.ウェブサイトは こちら

 


-訪問地のひとつである前ヶ浜の貝底橋(けぞこばし)-
-喜入旧麓の町並み-

 

 

 

↑ページのトップへ