自然環境工学科

自然環境工学科

 

自然環境工学科

文明と自然のより良い関係のために。
われわれに課せられたテーマは地球再生。

近代都市に向けてパリ改造を手掛けたオースマン。それは都市計画の先駆けともいえるものだった。やがて土木の課題は交通、公害、環境と時代が進むにつれて多様化、深刻化し、われわれに新しい価値観を問いかけている。地球にやさしい、バランスのとれた開発を通じて地球再生の一翼を担う自然環境工学科は、スケールの大きな明日への架け橋となる。

道路・橋・港湾・空港・鉄道・ダムなどの社会基盤は、人々の生活に欠かせない施設です。これら社会基盤の計画・設計・施工・維持管理に対応できる建設技術者を育成します。
 

水の生産や浄化処理など上下水道の設計・施工に関する技術を学び、環境の維持・再生に精通した環境技術者を育成します。また、社会基盤と緑の関わりのなかで、都市の緑化、農山村の環境保全など、社会基盤における環境づくりに携わる技術者を育成します。
 

地域の基幹産業である農業を広い視野でプロデュースできる人材を育てます。農業の六次産業化、すなわち、「つくる(1次)、加工する(2次)、販売する(3次)」ために必要な技術と知識を、最先端の植物工場を使って学びます。特にインターネット販売や美味しく見せる写真撮影、チラシデザインなど地域おこしの現場で役立つ即戦力の育成に力を入れています。

アメニティと環境保全を視野に入れながら
自然環境に関する知識をトータルに学んでいく。

「個性を伸ばし、自信をつけさせ、社会に送り出したい」という学園創設者のことばのもと、環境問題や構造関連を含めた総合的な工学が学べる学科を目指しています。特に環境問題に関しては、地球的な規模で考えなければならない大きなテーマであり、人間が避けて通ることができない問題として自然から学ぶ環境工学系分野にかかる期待は大きなものがあります。

本学科の目標は、人々の暮らしを豊かにする産業基盤づくり、自然災害や開発に伴う人為的な災害から人々を守り、自然環境と調和のとれた生活基盤づくりなど、新規プロジェクトからメンテナンスに携わることができる高度な知識と技術力を身につけた技術者の育成にあります。

ますますグローバル化する環境問題に対応できる逞しい環境エンジニア、建設エンジニア、農学プロデューサーを育てるためにも自然や環境を含む幅広い分野の技術修得が求められています。

 

 

先生からのメッセージ


羽野 暁 講師
専門分野:緑地環境工学

今、自然と共生し持続可能な発展を目指すことが、私たちに求められています。自然を制御するのではなく、自然環境と調和し、共に生きる社会の実現が必要です。自然環境工学科では、土木工学を根幹に、環境工学の知識も学ぶ学科です。

橋やダム、上下水道など私たちの暮らしを支える社会基盤をつくる技術、台風や地震など災害から私たちの生活を守る技術、私たちの周りにある豊かな環境を保全・創出する技術、これらの技術基盤を修得し、人間と自然が共に生きていく方法を学びます。今、建技術者が果たすべき役割はとても大きくなっています。皆さんの若い力で、未来を切り拓いてください。緑に囲まれた霧島でともに学びましょう。

特徴的なカリキュラム
“地球再生”がキーワードです。文明と自然を見つめ、未来を創ります。

「建設施工や構造設計、環境・農学など総合的な市民工学(Civil and Environmental Engineering)を学びます。「土木システムコース」「環境システムコース」「食物バイオシステムコース」の3つのコースを設け、環境を視野に入れながら地域デザインに関する知織をトータルに学んでいきます。

 

 

【ビオトープ管理士】

環境問題の本質的な問題である「人間活動から生じるごみの問題」,「健全な自然生態系の問題」の解決のためには,健全な自然とそのベースとなるビオトープが必要となります。

都市計画,土木・建設,農業などあらゆる業種において,誰もが安心して暮らすことの出来る,自然あふれる美しく強靱な環境をつくることがビオトープ管理士に求められています。

本学科では,ビオトープ管理士をはじめ環境再生,環境計量士などの環境関連の資格取得のためのカリキュラム設定と指導を行っています。

 

【土木施工管理技術者】

道路、橋、鉄道、港湾など公共の利便性をもたらすもの、台風や地震などの自然災害から安全な生活を守る防災に関するもの、上下水道や緑地など健康で快適な生活をもたらすもの、そんな公共性の高い土木構造物などの建設を担うのが、土木施工管理技術者です。

施工管理の仕事をするには「土木施工管理技師」の資格が必要です。本学では、在学中に2級の学科試験に合格できるよう指導を行います。

また、施工の技術として「測量」を学ぶ必要があります。本学では、測量の講義のほかに、実習の授業にも力を入れています。さらに、コンクリート材料、土質、水理などに関する実験授業も充実させ、職種の選択の幅を広げています。社会基盤の建設や次世代まで残る構造物の建設など、土木の仕事はロマンのある仕事です。

自然環境工学科では、ものづくり=シビルエンジニアを目指す諸君を歓迎しています。


学生の声
教員紹介
石本 弘治 教授(博士(工学)) エコライフ論 地球環境概論
水環境工学 エコマテリアル論 ほか
吉本 博明 教授(博士(農学)) きのこ学、生命と環境の科学 他
岩波 基 教授(博士(工学)) コンクリート工学、土質工学
田中 龍児 教授(博士(工学)) 測量学
難波 礼治 専任講師(博士(工学)) 水理学、水理実験
羽野 暁 専任講師 緑地環境工学、ランドスケープ論
本田 泰寛 専任講師(博士(工学)) 土木計画学、都市計画
岩元 泉 助教 施工管理
森園 由香 助教 機能性食品学
カリキュラム

土木システムコースでは、社会の基盤となるインフラストラクチャーづくりに必要な知識を修得します。また、今後ますます老朽化する社会基盤施設の補修・補強など構造物のメンテナンスに関する知識や、地震、津波、河川l氾濫、土砂崩れなど自然災害から私たちの生活を守る土木技術者を育てます。

環境システムコースでは、廃棄物を資源に戻す資源リサイクル技術,水環境や地域環境の維持・再生技術や景観学などを学びます。土木や農業分野をはじめ幅広い分野における環境問題をあらゆる角度から総合的に考え解決できる地域創生のための環境技術者を育てます。

 

植物バイオシステムコースは、最新の2波長LED完全閉鎖型植物工場を実習場とし、センサー制御や遠隔地制御などICT農業技術習得を核に学びながら、生産された農産物の機能性を活かした食品加工技術、さらに六次産業化商品を実践的に開発する実習など農業経営をトータルに学んだ地域農業プロデューサーを育てます。

 

こちらの表をクリックするとPDFが表示されます。

 

↑ページのトップへ