卒業生

卒業生の声

航空宇宙工学科

どんな夢も必ず実現できます。
夢はあきらめないことが大切です。

航空自衛隊百里基地勤務 奥田 将善さん
(平成10年度航空工学科[現航空宇宙工学科]卒業 福岡県出身)

 

現在、航空自衛隊第7航窒翻第204飛行隊に所属し、F15戦闘機のパイロットとして・国防の任務に就いています。戦闘機は、最新の科学技術の結晶であり、学ぶべきことは膨大にあります。また飛行中は常に生命の危険を抱えているため、緊張は解けません。それでも子どもの頃から憧れていた、パイロットとして、大空を駆け巡れることを、大変面白いと感じています。 
航空工学科では、パイロットに必要な航空工学の基礎知識を専門的に学ぶことができます。私の場合、特に航空法規や交話法等の習得にカを入れていたことが自信や励みとなり、入隊してからの厳しい訓練過程の中で役立ちました。どんな状況でも希望を捨てずに頑張れば、どんな夢も必ず実現できます。夢はあきらめないことが大切です。
→航空宇宙工学科