大学からのお知らせ

“開催”きりしまチャレンジャー

2010-11-02

“開催”きりしまチャレンジャー

平成22年10月30日(土)(9:00~12:00)霧島市及び第一工業大学共催のきりしまチャレンジャー「科学体験 in 第一工業大学」が本学の教員及び学生の支援のもと、約210名(子供160名、保護者50名)が参加し行われました。

「わんぱく(きりしまっ子)育成プラン」の一環の事業で「子供たちに科学に興味をもってもらいたい」という目的を持って実施され、子供達は各学科の先生方が準備したテーマに基づき色々な物つくりにチャレンジしました。参加者等から「大変楽しく貴重な体験をし、充実した社会勉強になりました」と大好評でした。 科学体験 in 第一工業大学 航空宇宙工学科「水ロケットを飛ばそう」 ペットボトルで水ロケットを製作し、飛行実験を体験しました。 航空宇宙工学科「紙飛行機を飛ばそう」 紙飛行機の製作と調整の仕方を体験しました。 情報電子システム工学科「ゲルマラジオを鳴らそう」 電池などの電源がなくてもラジオを聴くことができる省エネラジオです。 機械システム工学科「スターリングエンジンを作ろう」 エンジンの原理を学び、カンガルーのようにピョンピョンはねて動くスター
リングエンジンを試験管・金たわし・ゴム栓・スポイト等で製作しました。 社会環境工学科「にごった水、色のついた水をきれいにしてみよう」 にごった水は凝集剤処理によって、色のついた水は活性炭
吸着処理によって透明な水にする実験を体験しました。 建築デザイン学科「ドーム建築の骨組み模型づくり」 竹ヒゴ・極細針金・ゼムクリップを使ってアーチドームをつくりました。
重りを下げた強度実験には全員が合格し、皆で歓声をあげました。