大学からのお知らせ

きりしまチャレンジャー「科学体験 in 第一工業大学」

2011-11-15

“開催”きりしまチャレンジャー

 平成23年11月5日(土)(9:00~12:00)霧島市及び第一工業大学共催のきりしまチャレンジャー「科学体験 in 第一工業大学」が本学の教員及び学生の支援のもと、約132名(子供92名、保護者40名)が参加し行われました。
 「わんぱく(きりしまっ子)育成プラン」の一環の事業で「子供たちに科学に興味をもってもらいたい」という目的を持って実施され、子供達は各学科の先生方が準備したテーマに基づき色々な物作りにチャレンジしました。毎年参加する子供たちも多く、今年も大好評でした。 科学体験 in 第一工業大学 航空工学科「水ロケットの製作と打ち上げ実験」
ペットボトルで水ロケットを製作し、飛行実験を体験しました。 航空工学科「模型飛行機の製作と飛行実験」
模型飛行機の製作と調整の仕方を体験しました。 情報電子システム工学科「電池の動きを調べ、イライラ棒をつくろう」
電気の流れを確認しながら、イライラ棒をつくりました。 機械システム工学科「ジャンピングスターリングエンジンカーの製作」
エンジンの原理を学び、カンガルーのようにピョンピョンはねて動くスター
リングエンジンを試験管・金たわし・ゴム栓・スポイト等で製作しました。 自然環境工学科「ミクロの世界をのぞいてみよう、にごった水をきれいにしてみよう」
顕微鏡を使ってミクロの世界を見てみました。にごった水は
凝集剤処理によって、透明な水にする実験を体験しました。 建築デザイン学科 「竹ヒゴでガーデンドームをつくろう」
小さなネジとボルトで竹ヒゴをつないで正五角形のドームを作ります。お兄さん達に
コツを教えてもらい全員がドームを完成することができました。最後に、作ったドー
ムを頭の高さから落とす強度試験を行い、バラバラにならないことを確認しました。