大学からのお知らせ

留学生文化研修会 (国際交流センター)

2014-04-03

留学生文化研修会

国際交流センター  平成26年3月29日(土)平成25年度、最後の「留学生文化研修会」を実施しました。今回は、薩摩川内市にあります「川内原子力発電所展示館」をメインに「味噌・醤油工場」や「川内戦国村」を研修しました。
 当初、「味噌・醤油工場」を見学し、その中で日本の「味噌マップ」を見て、地域によって種類の違いや味噌造りの工程の違いについて、説明を受けることができました。また、実際に味噌作成の工程を見学することはできませんでしたが、工場内で味噌・醤油・焼肉のタレの作成工程について説明を受けることができました。更には、味噌の試食があり、味の違いについて感じることができました。
 今回の研修の目的であった「川内原子力発電所展示館」においては、原子力発電の仕組みや、3年前に発生した福島原子力発電所事故後の安全性の強化等について説明を受け、確認をすることができました。展示館研修の間、終始ガイドの説明を受け、留学生から原子力発電に関し様々な質問をしており、興味の深さを感じました。
 川内戦国村においては、悪天候の中での研修でしたが、戦国時代の甲冑や西郷隆盛の明治維新の功績や野に下り、西南の役により城山で果てるまでの歴史を学ぶことが出来ました。
 今回の研修は、留学生にとって日本・鹿児島の歴史や原発問題について、多くの知識を得ることができ、貴重な体験をした事と思います。 味噌・醤油工場の研修
味噌・醤油工場内の全般説明を受ける留学生
工場内の「冷醸室」の見学(ここで試食) 川内原子力発電所展示館の研修
安全性についての説明
原子炉の模型
ガイドとの集合写真 川内戦国村
戦国武将といっしょに
雨に打たれた戦国武将(留学生)