大学からのお知らせ

機能性材料に関する国際会議(ICFMA2014)開催

2014-11-17

機能性材料に関する国際会議(ICFMA2014)開催

建築デザイン学科、機械システム工学科
情報電子システム工学科、自然環境工学科  2014年10月24日から26日にかけて、本学にてInternational Conference on Functional Materials and Applications 2014 (機能性材料に関する国際会議:ICFMA 2014)が開催されました。開催会場として第一工業大学が選定され、General Chairである大恵克俊准教授(機械システム工学科)およびProgram Chairの位田達哉講師(建築デザイン学科)を中心に、山田猛矢講師(情報電子システム工学科)や本田泰寛講師(自然環境工学科)の協力のもと、4学科を横断した体制で設営にあたりました。
 今回の国際会議では、学生や大学院生によるポスターセッションに加えて、マレーシアにあるUniversiti Malaysia SarawakからDr. M. Danial Ibrahimをお招きし、基調講演(Innovation as Prime Mover of Science and Technology)を実施しました。ポスターセッションでは、大恵研究室と位田研究室の学生も発表者として参加し、日本語混じりの英語ではありましたが質疑応答をこなしました。積極的に他の発表についての質問をするなど、他の研究から何かを得ようとしている姿に成長を感じずにはいられませんでした。
 今回、本学でこのような名誉ある会を開催することができました。ICFMA2014という国際会議の開催にあたっては、多くの方々からの協力をいただきました。ここに感謝の意を表します。
参加者全員で記念撮影(第一工業大学にて)
ポスターセッションに参加する学生・大学院生
Dr. M. Danial Ibrahimによる基調講演 【参加大学】
 第一工業大学、大阪工業大学、神戸大学、東海大学、早稲田大学、
 Universiti Malaysia Sarawak 【本学の投稿論文】 Tatsuya INDEN:Experimental Study on the Performance of Humidity Control Materials Sprayed with Volcanic Ash Kohei KINOSHITA, Tatsuya INDEN, Syunsuke:SHIMOMURA and Tsubasa TOKUDA Experimental Study on the Applicability of the Materials as a Spray of Volcanic Ash Ren YOKOKAWA, Tatsuya INDEN and Ryuhei KUROKI:Experimental Study on the Two-Dimensional Measurement using a Consumer Digital Camera Kazuma KOTANI, Tatsuya INDEN and Hiroki SHIIHARA:Experimental Study on the Compression Toughness of the RC Columns Kasumi SAKAGUCHI and Tatsuya INDEN:Current Situation and Problems on Modification Materials and Methods in Renovation of RC Buildings Kohei SAKURAI and Katsutoshi OE:Development of the Speaking Valve System Controlled by Neck Myoelectric Signal Takuya NAKANO, Koji KARIYA and Katsutoshi OE:Proposal of the Hearing Aid System for Unilateral Deafness Patients Tomonori UEYA and Katsutoshi OE:Development of the Deglutition Training Device for Young Children Fumiya MIYATA and Katsutoshi OE:Development of the Speech Assistance Compact Pump Unit Controlled by Neck Myoelectric Signal Noriyuki MIYATA and Katsutoshi OE:Optimization of Control Parameter for Controllable Electrolarynx  ≫ International Conference on Functional Materials and Applications 2014
  (公式WEBページ)