大学からのお知らせ

第4回 外国人による日本語スピーチコンテスト(国際交流センター)

2016-10-28

第4回 外国人による日本語スピーチコンテスト

国際交流センター  

 

 10月27日(木)、「第4回 外国人による日本語スピーチコンテスト」を本学の「厚生会館」で開催しました。

 このコンテストの目的は「本学留学生に日本語で意見を発表する機会を提供し、日本語能力の向上を図るとともに、国籍や文化の違いを超えた他文化共生の雰囲気を醸成する。」こととしており、今年で4回目を迎えました。

 今回の出場者は、中国、ベトナム、台湾、ネパール、バングラデシュ、アフガニスタン出身の合計8名の留学生が、「健康」の大切さ、母国の紹介、日本のコンビニのすばらしさ、日本と母国の違い、日本の生活での疑問、大切な家族の存在、留学の目的、母国と日本との関係について、来日し、日本での生活を通して感じていること、大好きな日本で将来の夢に向かって頑張る意欲を「ユーモア」を交えながら一生懸命話してくれました。

 今回も学外から姶良市姶良国際交流協会会長以下5名の方々が聴講の為にお越し頂くとともに、多数の在学生も聴講し、留学生のスピーチに聞き入っていました。

出場者は、次のとおりです。

 

発表順

学年

氏 名

国 籍

題 目

1

3

カク シンヒン

中国

私にとって大切な物

2

1

ギミレ プルブ ラム

ネパール

私の母国

3

1

トム ズイ リン

ベトナム

日本とベトナムの違い

4

1

ギ ホウユウ

台湾

コンビニは最高

5

1

ギミレ アミル

ネパール

私の中の日本

6

2

サミウラ ウトマンザイ

アフガニスタン

私にとって一番大切な物

7

1

バシネット ダディラム

ネパール

留学の目的

8

3

アナフ アビド

バングラデシュ

私の母国バングラデシュ

 審査結果は、最優秀賞 3年生 アナフ アビド君、優秀賞 2年生 サミウラ ウトマンザイ君でした。

 参加した留学生は、平成29年1月、鹿児島県民交流センターで実施される「第22回 外国人による日本語スピーチコンテスト」にチャレンジしてもらう予定です。彼らの今後の活躍に期待したいと思います。 

最優秀賞の アナフ アビド君

優秀賞の サミウラ ウトマンザイ君

コンテスト出場者達

コンテスト会場(厚生会館)の様子