大学からのお知らせ

鹿児島市外国人留学生図書カード及び共通乗車カード贈呈式(国際交流センター)

2018-07-10

鹿児島市外国人留学生図書カード及び共通乗車カード贈呈式

国際交流センター  

 7月2日(月)鹿児島市役所特別会議室で実施された「鹿児島市外国人留学生図書カード及び共通乗車カード等贈呈式」に、本学の留学生を代表して情報電子システム工学科4年生のブ ダグミン(VU DUC MINH)君(ベトナム出身)が出席しました。
 この贈呈式は、鹿児島市在住の留学生に対し、学業の充実や鹿児島への理解促進を図るため毎年鹿児島市から贈呈されているものです。
 贈呈式では、鹿児島市長(森市長)から各大学等の代表者8名に図書カード及び共通乗車カード等を贈呈その後、鹿児島市長の挨拶では、「母国を遠く離れて勉学に励んでおられる留学生の皆さんへの激励と、鹿児島での生活を充実したものにしていただきたいという温かい気持ちを込めた、鹿児島市民からの贈り物です。ぜひご活用いただき、学業をより充実させるとともに、市電やバスで市内各地を散策しながら歴史や文化に触れ、鹿児島への理解をより一層深めていただきたいと思います。」と挨拶があり、続いて留学生代表からのお礼の言葉で終了しました。贈呈式終了後は懇談会が実施され、鹿児島市長から留学生たちに大学での学業状況及び生活状況等について質問され、終始和やかな雰囲気での懇談会となりました。
 本学でも、鹿児島市に在住している12名の留学生が贈呈されました。贈呈された図書カード及び共通乗車カード等を有効に活用し、今後の学業の充実等に役立ててもらいたいと思います。

 

 On Monday, July 2nd, there was a ceremony to give bookstore gift cards and prepaid bus & train ticket cards to the foreign students who live in Kagoshima city, at Kagoshima City Hall. VU DUC MINH, one of our exchange students from Vietnam, a senior student of Department of Electronics and Informatics, attended this ceremony. This presentation ceremony is held every year for the foreign students in Kagoshima city, to promote a better understanding of Kagoshima and help their studies here.

 After the presentation of the cards to eight representatives of each university and junior college, the Mayor of Kagoshima city (Mayor Mori) gave a speech, "These are the gifts from the citizens of Kagoshima.  We hope that these will help you study and enjoy your life in Kagoshima. We also hope that you visit many places taking buses and trains with these pre-paid cards, so that you can learn and understand the history and culture of Kagoshima even better".

 Then a student gave some words of appreciation.

 12 of our foreign students who live in Kagoshima city received the cards. We all hope they make good use of these cards for their studies, and enjoy their time here.

 

「鹿儿岛市外国人留学生图书卡和通用交通卡赠送仪式」

国际交流中心

 7月2日在鹿儿岛市役所特别会议室举行了「鹿儿岛市外国人留学生图书卡和交通卡捐赠仪式」。我校留学生代表情报电子系统工学科的4年级ブ ダグミン(VU DUC MINH)(越南籍)出席了捐赠仪式。
 这个捐赠仪式是以居住在鹿儿岛市留学生为对象,以充实留学生的学习生活,促进对鹿儿岛的理解理为目的,每年由鹿儿岛市出资举办。
 在捐赠仪式上,鹿儿岛市长(森市长)给来自各个大学的8名代表捐赠图书卡和交通卡后,发表了讲话。「给予来自各国留学生来留学鹿儿岛学习给予了勉励,并嘱咐这些图书卡和交通卡是鹿儿岛市民对留学生的心意,希望留学生们能用这些图书卡学到更多的知识,用这些交通卡能帮助留学生们利用市内的电车,巴士周游鹿儿岛,更多的理解鹿儿岛的历史,文化」。然后留学生代表也给予市长感谢的发言。捐赠仪式结束后,举行了联欢会。市长在联合会中询问了留学生们的学习,生活情况。联欢会始终充满着和谐愉快的气氛。
 我校有居住在鹿儿岛的12名留学生得到了这次捐赠卡。希望留学生们有效的利用这些图书卡和交通卡,充实在鹿儿岛的留学生活。

 

 

 
懇談中
贈呈式
鹿児島市長と記念撮影
鹿児島市長挨拶

 

↑ページのトップへ