大学からのお知らせ

第6回 外国人による日本語スピーチコンテストを開催しました(国際交流センター)

2018-11-12

第6回 外国人による日本語スピーチコンテストを開催しました

国際交流センター

 

 11月8日(木)、「第6回 外国人による日本語スピーチコンテスト」を本学の厚生会館で開催しました。
 このコンテストは、「学内において、留学生が日本語でスピーチする機会を作り、日本語能力の向上を図るとともに、国籍や文化の違いを超えた相互理解・国際交流を深める。」ことを目的としており、今年で6回目を迎えました。
 当初、教学部長の挨拶に始まり、来賓紹介後スピーチを開始しました。
 出場者は、中国、ベトナム、台湾、ネパール、の4か国合計7名の留学生が、日本で感じたこと、体験したこと、将来の夢など鹿児島弁を交えながら自分の思い、考えを一生懸命スピーチしてくれました。
 また、学外から霧島市国際交流協会・国際交流員を含め4名、姶良市国際交流協会から、会長をはじめ13名の方々お越し頂くとともに、多数の在学生も聴講し、留学生のスピーチに聞き入っていました。
結果は、最優秀賞1年生 ヨウ イヨ(YANG YIYAO)さん(建築デザイン学科)、優秀賞 3年生 カク ケンウ(KUO CHIEN YU)君(建築デザイン学科)でした。
 今回の、優秀者等はかごしま県民交流センターで開催される「第24回 外国人による日本語スピーチコンテスト」にチャレンジする予定です。

 

On Thursday, Novenber 8, we held a "Speech Contest in Japanese by Foreign Exchange Students" in Kosei-Kaikan Hall on our campus.
This annual event has been held for six years, to provide an opportunity for foreign exchange students to improve their Japanese language ability by giving a speech in Japanese, and also to promote understanding by nurturing multicultural coexistence.
This year’s participants were from China, Vietnam, Taiwan and Nepal. They talked about their experiences, the difference of the cultures they've found, and their dreams for the future, with enthusiasm and some Kagoshima dialect.
Many people, including other fellow students, attended the event to listen to the speeches. We would like to thank especially the chairperson and members of Aira-city International Communications Association for attending this event.
  The winner was YANG YIYAO, a freshman from the Architectural Design Department. The second prize winner was KUO CHIEN YU,  junior, also from the Architectural Design Department. They will participate in the speech contest in Kagoshima-city in January 2019.  We hope for their success, and we also hope that many of our foreign exchange students who did not participate this time will try next year.

 

 

↑ページのトップへ