大学からのお知らせ

『第一工業大学学生の皆さんへ (新型コロナウイルス感染対策注意喚起)』

2020-02-26

第一工業大学学生の皆さんへ
(新型コロナウイルス感染対策注意喚起)

 

令和2年2月26日

第一工業大学 学生部

 

 春休みを有意義に元気に過ごしていることと思います。 新型コロナウイルスが北は北海道から南は沖縄まで、感染が広がっていることはニュース等で知っていると思います。
 2月24日に新型コロナウイルス感染対策に関する国の専門家会議が開催され、その後、専門家の方々の記者会見が開かれました。
 国の専門家会議での「見解」のポイントの要点は、

 (1) 国内の感染が急速に拡大しかねない状況にある。  (2) これから1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となる。  (3) 風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養すること。  ただし、目安の症状(風邪の症状、発熱、強いだるさ、息苦しさ、体温37.5℃以上が4日間以上継続)がある場  合には、決して我慢せず相談センターに相談する。  (4) 心配だからといって、すぐに医療機関を受診しない。  ということでした。


 また、新型コロナウイルス感染から見た時に最も危険な場所・状況は、(イ)病院 (ロ)感染者かもしれない人との至近距離(約1.7m)でのおしゃべり とのコメントもありました。

 

   以上を受けて、皆さんは以下のことを必ず守ってください。

 ①発熱等、風邪の症状を認識したら外出せずに必ず自宅(寮、アパート等)で療養に努める。

 ②4日間様子を見て、続くようであれば「帰国者・接触者相談センター」
( 鹿児島県ホームページ:新型コロナウイルス感染症に関する情報 から自分の住居管轄の保健所を確認すること)に電話し、相談する。決して、自分の判断だけで病院に行ったりしないこと。

 ③相談センターの指示に従い行動すること。相談センターより指定病院で受診するように指示があったら、診察を受けること。また、大学へ連絡すること。

 ④感染しないための日常の注意事項として以下を励行する。

 ・外出時はマスクを着用する。  ・外出から戻った時は、うがい、石鹸での手洗いを励行する(約20秒間かけて手首も含めて洗う)。  ・外出の際は、可能な限り人混みは避ける。


新型コロナウイルス感染対策については、個々人で意識を持って対応することが最も重要な対策になってきています。 新学期を元気に迎えることができるよう皆さんの協力をお願いします。

 

 

 

↑ページのトップへ