情報電子システム工学科トピックス

沖永良部高校で出前授業を実施(情報電子システム工学科)

2016-09-09

沖永良部高校で出前授業「コンピュータで計算ができる仕組み」実施

情報電子システム工学科・社会連携センター    鹿児島県立沖永良部高等学校では毎年、琉球大学、鹿児島大学など複数大学による出前授業を実施されていますが、今回は本学も参加いたしました。
 情報電子システム工学科 初鹿野教授が8月9日(月)、沖永良部高校で出前授業を実施しました。「コンピュータで計算ができる仕組み」と題して、コン ピュータの歴史から、2進数による演算法、コンピュータの構成要素まで幅広くカバー。応用例として卒研で実施しているETロボコン、斜面崩壊通知システム についても紹介しました。
 学校からの要望により大学と同じ90分授業を行い、高校生には少し長かったかも知れませんが、約30名の生徒は熱心に聞いていま した。途中参考で回覧した、ICチップや、名刺大のコンピュータには目を輝かして見入っていました。またETロボコンの競技風景や斜面崩壊システムの国際 学会で発表風景の動画では「ウオー」というような歓声もあがりました。質疑では、「企業の開発現場で一番大変だったことは何か?」といった質問もあり、技術に対する関心の高さを感じました。
 理系離れが叫ばれる中、多少なりとも技術に対する関心を高めることができたのではないでしょうか。