情報電子システム工学科トピックス

『かぎん空間演出事業 映像コンテスト』で特別賞受賞(情報電子システム工学科)

2020-05-20

『かぎん空間演出事業 映像コンテスト』で特別賞受賞

情報電子システム工学科  

 鹿児島銀行が主催する『かぎん空間演出事業 映像コンテスト』にて、本学工学部情報電子システム工学科、中茂研究室が特別賞を受賞しました。

 

 このコンテストは「鹿児島を元気にする!あなたのクリエイティブで鹿児島を元気に」をテーマに行われたものです。研究室の学生たちが普段の講義で得た知識・スキルを発揮する腕試しの場として応募したところ、見事、特別賞を受賞しました。

 

 制作した映像作品のタイトルは「音で見る鹿児島」です。音が空気中を伝わる速さは約340m/sと、実は光の速さと比較するとずいぶん遅いんです。花火の音は華やかな光の後に遅れて届きますよね。我々はまず、音を感じると点灯するライトを開発して64個実装しました。それらのライトを鹿児島を代表するコンテンツをドット絵で表現して各点に配置しておき、掛け声をかけて闇夜に浮かび上がらせました。「かごんま~」「さくらじま~」などなど、子供たちも大きな声を出して頑張ります。さあ、音が伝わる速さを感じられるでしょうか。

 

 参加者の一人は、「普段のプログラミングや電子回路の講義で得た知識を形にするのは楽しく勉強になった。さらに、それが特別賞という形で認められてうれしい」と話していました。

 

 該当の動画は、鹿児島銀行の新しい本店ビル内賑わい施設「よかど鹿児島」内に設置された大型スクリーンで毎日4回(10:45頃、12:45頃、14:45頃、17:45頃)放映されています。近くへお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 


 
 

 

 

 審査結果ページへのリンクは こちら (鹿児島銀行)


 1. 音で見る鹿児島 (特別賞受賞)

 

 

 

 2. 太い眉毛は元気のしるし (選外)

 

 

 

↑ページのトップへ