学生広報部だより

前期ボランティア活動(学生広報部)

2019-08-22
学生広報部

前期ボランティア活動

 

 こんにちは。学生広報部長の麻生です。
今回が初めての記事ですが、学生広報部の仲間に負けないような記事になるように頑張りました。

 

 第一工業大学の前期の講義が終わりました。学生は勉強や部活などに一生懸命取り組んでいましたが、私たち学生が取り組んでいたのはそれだけではなく、積極的にボランティア活動を行っていました。

 第一工業大学は「地域に愛される大学」を目指し、地域の祭りや活動などのイベントに前向きに取り組んでいます。

 

 今回は前期で行ったボランティアを紹介したいと思います。

 

 

 7月13、14日に2日間行われた霧島国分夏祭りに第一工業大学の学生60名が参加し、警備や荷物運び等を行いました。
霧島国分夏祭りでのボランティアは、毎年恒例となっています。
今年はあいにくの天気となってしまいましたが、雨にも負けぬ学生の底力で、最後までケガや体調を崩した人は出ませんでした。

 

 

 中央にいるのが、私、麻生です。
今回の霧島国分夏祭りは4回目の参加になります。
4年生最後の参加なので思い切って締め込みで参加し、神輿を披露する際の大太鼓をたたいたり、神輿を担いだり、とても良い思い出になりました。

 

 7月20日に行われたみぞべ夏祭りに学生が10名(主に結楓祭実行委員会の学生)参加しました。
第一工業大学はどこへでもボランティアに向かいます!黄色のシャツを着ているのが学生スタッフです。

 

 今回の祭りも雨でしたが、実行委員会の方々や祭りを楽しみにされている地域の方々の熱意により、最高の祭りとなりました。
ボランティア内容は、飲み物を販売する係とステージの裏方を手伝う係の2チームに分かれて作業を行いました。楽しく作業することができ、とても良い思い出になりました。

 

 8月27日に下井海岸で行われたごみ拾いバーベキューに学生が8名、教学課の坂本さんで参加しました。
ゴミ拾いをした後は、みんなで親睦を深めるバーベキューを行い、盛り上がりました。

 

 8月10日に行われた霧島ふるさと夏祭りに50名を超える学生が参加しました。
夏祭り実行委員会が出している出店に分かれて作業を行いました。出店を任せられることが初めての人が多かったので、とても良い経験になりました。

 

 出店の景品を、航空工学科航空工学専攻の阿蘇谷君が工作用紙で作っている写真です。
飛行機などの模型を作っていました。第一工業大学の自慢できる物作りを取り入れてボランティア活動を進めています。

 私たち第一工業大学の学生は「地域に愛される大学」を目指し、日々ボランティアに取り組んでおります。
私たちにできることがあれば、ぜひ声をかけてください。これからも様々なボランティアに挑戦します。

 

 (学生広報部長 麻生 大雅)

 

↑ページのトップへ