建築デザイン学科トピックス

日本建築学会九州支部 夏期セミナーに参加(建築デザイン学科)

2017-09-13

日本建築学会九州支部 夏期セミナーに参加

建築デザイン学科

 

セミナー参加者全員で記念撮影

 

 日本建築学会九州支部の材料施工委員会主催の夏期セミナーが,大分大学主催で開催され,本学の建築デザイン学科建築材料施工研究室が参加しました。第19回を迎える本セミナーですが,今回は90名もの大盛況のセミナーとなりました。

 初日は,大分大学の施設見学からのスタートとなりましたが,実験施設や実物大模型の見学など,大変学ぶところの多い見学となりました。また,大分大学名誉教授の佐藤先生よりご講演をいただき,コンクリート工学のなかでも特にフライアッシュについてのご研究について貴重なお話を聞ける機会となりました。夕方からは,恒例行事の学生による研究室紹介がありました。学生にとっては初めての大舞台ということもあり,かなり緊張も見えましたが,第一工業大学建築デザイン学科の面白さについて上手く説明してくれたと思います。

 2日目は,建設中の大分川ダム工事の見学会でした。ダムそのものは土木構造物に分類されるものですが,そこで使われるコンクリート技術を中心に学びました。他大学との関わりを通じて,学生同士の連帯感も増し,九州で建築を学ぶ学生の輪が広がったと強く感じた2日間にわたるセミナーでした。

 

<2017年度 日本建築学会九州支部 材料施工委員会夏期セミナー参加校(順不同)>

      北九州市立大学       九州大学       福岡大学       九州産業大学       大分大学       日本文理大学       第一工業大学       鹿児島大学       琉球大学

 

大分大学の実験施設見学

実物大実験模型(鉄筋コンクリート造)

実物大実験模型(鉄骨造)

鉄骨造骨組みの実大模型

学生による研究室紹介

建設現場見学前の現場説明会

コンクリート構造物の現場見学

研究室の参加メンバーで記念写真

 

↑ページのトップへ