建築デザイン学科トピックス

「オープンハウスカゴシマ2017」の運営に参加しました(建築デザイン学科)

2017-12-04

「オープンハウスカゴシマ2017」の運営に参加しました

建築デザイン学科

 

 「オープンハウスカゴシマ」は、鹿児島県にある優れた近・現代建築を地域の方々に無料で紹介する取り組みです。鹿児島市の市街地では、社会的・文化的な資産としてぜひ見てほしい60の建築がリストアップされ、11月24日・25日には、通常では見られない建物内部の公開や、見学ツアーも行われました。

 このイベントでは、鹿児島県内の大学や専門学校の学生が運営に参加します。

 第一工業大学からも建築デザイン学科とボランティアサークル「地美活」の学生10名ほどが、スタッフとして建物の案内などを担当しました。

 寒い日ではありましたが、参加した学生にとっては大正や昭和の建築も身近に感じ、まちを活き活きとさせてくれる建築の素晴らしさを実感した二日間となりました。

 

 

↑ページのトップへ