航空工学科トピックス

パイロットコース内定 続々誕生(航空工学科)

2018-06-29

パイロットコース内定 続々誕生!

航空工学科  

  第一工業大学は、1955年開校の「南日本飛行学校」を出発点に、1971年に当時として全国でも数少ない4年制大学の航空工学科を設置。以来約40年間、ここ霧島市国分のキャンパスから数多くの卒業生が航空業界に飛び立ち、エアラインのパイロットや航空整備士として活躍しています。

 航空工学科パイロットコース、整備士コースはその伝統を引き継ぎ平成26年度より新設されたコースですが、4年が経過し、本学で成長した学生たちが次々とエアラインに内定を決めるまでになりました。

 内定が決定した学生は、残りの学生生活を充実させると共に、来る社会人、企業人としての生活でも大きく活躍してください。おめでとうございます。