航空工学科トピックス

北陵高等学校 航空工学部特別オープンキャンパス(その1)(航空工学科)

2019-09-10

北陵高等学校 航空工学部特別オープンキャンパス(その1)

航空工学科  

 学校法人江楠学園 北陵高等学校(佐賀県佐賀市)航空科の1~2年生11名、引率先生2名に第一工業大学へ来訪頂き、航空工学部の特別オープンキャンパスを実施しました。  
今回は、その様子を紹介します。

 

 

 8月8日(木)

(1)大学到着後、ランチ及び航空工学科展示ブース見学

(2)第一工業大学の紹介

(3)航空操縦学専攻の訓練内容紹介及びFTDによるフライトシミュレーター体験

(4)航空機整備についての体験授業及び施設見学

(5)風洞実験体験

(6)記念撮影

(7)レクレーション(夜の部@大学学生寮)

(8)大学学生寮宿泊体験

 

8月9日(金)

朝食後、大学学生寮を出発!

 

 

(1)大学到着後、ランチ及び航空工学科展示ブース見学

朝早く佐賀市を出発し、大学到着したのは、12:00。

先ずは、大学カフェテリアで学食ランチを体験、その後航空工学科展示ブースを見学してもらいました。

-航空工学科展示ブース説明 山本淳二教授-

 

 

(2)第一工業大学の紹介

ランチ後、カフェテリア2階の602講堂で航空工学専攻3年阿蘇谷君が第一工業大学の紹介をおこないました。

-大学紹介及び大学外での活動を紹介する阿蘇谷君-

 

 

(3)航空操縦学専攻の訓練内容紹介及びFTDによるフライトシミュレーター体験

  勝又明志准教授による、航空操縦学専攻の説明、フライトシミュレータ説明の後、2グループに分かれ、フライトシミュレータ操縦を体験してもらいました。
  勝又明志准教授から、「フライトシミュレータは、墜落しても死なない。大胆に操縦してみてください。」と説明がありましたが、みんなどうだったかな?

-フライトシミュレータ操縦前に説明をおこなう勝又明志准教授-

 

-フライトシミュレータの説明をおこなう西川文敏准教授-

 

-フライトシミュレータ操縦体験中!-

 

 

 

(4)航空機整備についての体験授業及び施設見学 

 高橋成男教授による、飛行機が飛ぶ原理の説明、その後実機搭乗体験を実施しました。


-スプーンと水道水でコアンダ効果を確認-
-飛行の原理等を説明する高橋成男教授-

 

 

 

(5)風洞実験体験

風洞実験場で、風洞の説明をおこなった後、風洞実験を体験してもらいました。


-風洞実験の説明を行う野田晋二教授-
-気流糸により、翼端渦等を確認・体感!-

 

 (6)みんなで記念撮影

-実機前で記念撮影-

 

 佐賀市からの長旅後、直ぐに体験授業と大変だったと思いますが、みんな真剣に体験授業に取り組んでくれました。
少しでも、勉強となったでしょうか?

 皆さん、お疲れさまでした。  
でも、ここで終わりではありません。

 夜の部のお楽しみレクレーションに続きます。

   しかし、その詳細は、別途(その2)で報告することにします。

(航空工学科 野田晋二)

 

↑ページのトップへ