航空工学科トピックス

KTSの日”令和元年SP”「羽ばたけ紙飛行機」に参加しました(航空工学科)

2019-10-07

KTSの日”令和元年SP”「羽ばたけ紙飛行機」に参加(航空工学科)

航空工学科   

 名山小学校の小学生が世界最大の折り紙飛行機を折って、飛行させるというプロジェクトに、小学生のサポート役として第一工業大学の学生が参加しました。
   現在、飛行に成功した折り紙飛行機の世界記録は、全長3m18cmです。
   これよりも大きな折り紙飛行機を作って、飛行を成功させるというとても難しいチャレンジです。

   TV4時間生放送で放映されたので、ご存知の方もあると思いますが、世界最大とならず(全長2m90cm)、そして飛行したと認められずという結果でした。

 

 折り紙ヒコーキ協会事務局長 藤原さんからは、次の内容のコメントを頂きました。
 「今回作った折り紙飛行機は、折るのが非常に難しい紙飛行機。世界記録3m18cmは、折り紙ヒコーキ協会で達成した記録で、プロの人たちで達成した記録です。初めての挑戦、そして小学生主体で約3mのこの折り紙飛行機をこれだけきれいに作れただけでも素晴らしい。」

 

  今回、準備期間がほとんど無かったこと、紙飛行機にとって最悪な天候 (台風前で湿度が高く、紙が水分を吸って紙の強度が落ちてしまった)という状態だったことを考えると、小学生、大学生ともに本当に良く頑張ってくれました。


  本当に素晴らしい!  何よりも、小学生達が楽しんでくれたのがよかったです。

  次回、またこのプロジェクトに参加するチャンスがあれば、必ず成功させます!

 

-大学生指導のもと、A3の紙で紙飛行機の試作中(TV放送前)-

 


-みんなで楽しいランチライム!-
-いよいよ、本番。巨大紙飛行作成開始!-

 

-これはなかなか大変だ!-

 


完成!しかし、全長2m90cm。
30cm短い。
ショック(with 四千頭身)!
2階からの飛行前!
(with折り紙ヒコーキ協会藤原さんと
上片平アナウンサー)


-世界記録は達成できませんでしたが、最後みんな笑顔です!-

 

 (記:航空工学科 野田晋二)

 

↑ページのトップへ