航空工学科トピックス

きりしまチャレンジャー紙飛行機大会(航空工学科)

2019-10-15

きりしまチャレンジャー紙飛行機大会(航空工学科)

航空工学科   

 10月5日(土)のきりしまチャレンジャーで、航空工学科は、ペットボトル・ロケット大会、紙飛行機大会を実施しました。
紙飛行機大会希望の皆さんは、航空工学科の学生に引率されて、体育館へ。

 

 

 

 

 野田晋二教授と学生たちにより、ギネスで飛距離世界記録を作った紙飛行機の折り方を説明。
皆さん真剣にマイ紙飛行機を折っていますね。
  どうやったら良く飛ぶか、先生に聞いたり、学生にアドバイス受けたりしながらテスト飛行。
  ちょっとした調整で飛び方が変わり難しいですが、ときどき先生や学生よりも良く飛ぶマイ紙飛行機もありましたね。

 

   さあ、だれが一番遠くまで飛ぶか、体育館2階から大紙飛行機大会です。
 テストの時の方が良く飛んだり、やっぱり一回勝負の本番は難しいかなー?でも、みんな、良く頑張りました。

 

 

-最後に表彰式。飛行機グッズなどの賞品、気に入ってもらえたかな?-

 

 「紙飛行機を飛ばすのって意外と難しいな。でも遠くへ飛んだ時は嬉しいな」などなどいろんな気持ちも味わえたのではないでしょうか?
 皆さん、楽しんでいただけたようで良かったです。
 我々、教員、学生も皆さんとの充実したひと時を多いに楽しめた1日でした。
 ご参加くださった皆さん、保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

 

(記:航空工学科 工学専攻 山本淳二)

 

 

↑ページのトップへ