共通教育センタートピックス

共通教育センター 中薗先生が本を出版(共通教育センター)

2016-12-13

共通教育センター 中薗先生が本を出版

共通教育センター

  

 共通教育センターの中薗政彦講師が、46年間の教育者の集大成として、「教師のための実践的技術科教育論」を出版されました。

 

 

 

   

書籍名「教師のための実践的技術

         教育論」

執筆者名:中薗政彦

A4判・148頁

価格:1500円(税込み)+送料

発行元:自費出版

発行年月:平成28年8月

 

 ~ 内容 ~

1. 戦後改訂のたびに内容や時数が

   変化して きた技術・家庭科の歴史

2. 学習指導と評価の一体化

3. 評価・評定のための総括的評価の

   方法

4. 学習意欲と主体的学習の理論と

   実践

5. 技術の理論と科学的根拠を踏まえ

   た授業設計

6. フローチャートを用いた学習

   指導案の設計

7. 技術科の運営

8. アクティブ・ラーニングと

   問題解決的学習

  (全16章)

 

【著者の視点】

 教育には,不易の部分と流行の部分があります。教科指導の「本質」とは何かを求めながら流行をどの程度盛り込むかを追究し続けてきました。教師の仕事は,生徒が興味をもち「分かる・できる」授業をすることです。そのために筆者が実践を通して効果的であったと確信したものを第1章から第16章にまとめたものです。

【推薦者のコメント】

 実践を通し検証を重ねてこられた集大成は,まさに教科教育論のバイブルとして,これから輝き続けることでしょう。特に時代を色濃く投影してきた教科だと思うとき教科の屋台骨となる論著でしょう。

 

問い合わせはm-nakazono@daiichi-koudai.ac.jpまで