共通教育センタートピックス

学生5名が「東アジア福祉環境経営国際研鑽会」で発表しました(共通教育センター)

2018-08-29

学生5名が「東アジア福祉環境経営国際研鑽会」で発表しました

共通教育センター  

 2018年8月24日、韓国釜山で開催された国際フォーラム「福祉ビジネス・観光・産業経営国際会議」(座長石田尾博夫本学名誉教授)で、本学情報電子工学科2年の郡山菜緒さんが、「九州のRe島プロジェクトー観光と移住の連動視点」を発表しました。

 また、本学ネパール留学生4名(サヒル、キシャン、プラカス、KC.プレム君ら)も県境報告会に参加し、意見交換会ではフロアーからの質問に答え、世界自然遺産地域屋久島の景観・アウトドア体験や食文化の特徴について、屋久島訪問体験時の話題提供を行いました。

 さらに、本学竹下俊一講師の研究発表もなされました。「災害と観光市場ー霧島山系」の視点から、被災地(東北・広島・熊本・霧島)における観光情報発信(SNS)活用事例の比較研究報告がなされ、災害と観光の新しい分析視点に共感する意見が寄せられました。

 


 国際フォーラム会場
(第一工業大学参加者)
郡山奈緒さんの発表
留学生報告の様子
 竹下先生の研究発表