自然環境工学科トピックス

霧島市福山町福山の旧田中家別邸の平面測量実施(自然環境工学科)

2013-10-04

霧島市福山町福山の旧田中家別邸の平面測量実施

自然環境工学科  田中研究室では、平成25年7月から9月にかけて、建築デザイン学科古田研究室の依頼により、霧島市福山町福山の旧田中家別邸の平面測量を実施しました。
 建物は耐震性能調査や模型を作成するということで、ミリメートルの精度で計測できるトータルステーションという器械で測量し、庭園など外構は縮尺500分の1の平板測量を実施しました。
 平板測量は地図の原図を作る測量ですが、最近は電子平板測量の登場でデジタル化しつつあります。
 観測は、自然環境工学科3年の名嘉眞智明君が中心になって行いましたが、これまでの測量学・測量実習で学んだことが実作業で役立ったようです。古田研究室の皆さんも勉強になったと喜んでいました。
旧田中別邸入り口
測量する名嘉眞君と橋元君(建デ)
平板測量図
古田研究室の皆さんと