自然環境工学科トピックス

出前授業「建設工事汚濁水処理技術と化粧品」(自然環境工学科)

2013-10-28

出前授業「建設工事汚濁水処理技術と化粧品」

自然環境工学科  10月26日(土)、吉田教授による宮崎県立小林高校で出前授業がありました。テーマは「建設工事から発生する汚濁水処理技術とその研究から生まれた化粧品開発について」です。授業では濁水処理技術の基本である凝集処理の原理や汚泥処理に使用された薬剤から化粧品が作られた経緯などについて説明がありました。講義の後、生徒と一緒に濁水処理の実験を行い、濁った水がみるみる綺麗になっていく様子を見て、歓声を挙げていました。