自然環境工学科トピックス

茶わん蒸しが固まらない? ひらめき体験教室(社会連携センター/自然環境工学科)

2015-07-24

え!?茶わん蒸しが固まらない?ひらめき体験教室を実施

社会連携センター/自然環境工学科  いよいよ夏休みが始まった2015年7月23日(木)、本学、環境衛生実験棟で、夏休み自由研究 ひらめき体験教室in第一工業大学「マイタケで茶わん蒸しを作ろう-酵素の力を実感する-」が開催されました。講師は、来年度開講する自然環境工学科植物バイオシステムコースの吉本教授。市内6つの小学校の2年生から5年生14名、そして、ご父兄6名、幼児4名の総勢24名が、電子レンジを使った茶わん蒸しづくりに挑戦しました。
 はじめに、吉本教授から、科学することの意義や茶わん蒸しが固まる原理の講義を受け、早速茶わん蒸しづくりに突入。大学ならではの家庭では見ることのないさまざまな実験器具を駆使した調理に、子供たちはその都度歓声を上げ、出来上がった茶わん蒸しの美味しさにみんながおかわりを連発。一方、マイタケを入れた茶わん蒸しが固まらない不思議に驚き、2時間の予定が大幅にオーバーするほどの盛況で幕を閉じました。
 ご父兄からも、子供たちの夏休みの自由研究のヒントをたくさんもらって満足げな顔で解散しました。