自然環境工学科トピックス

吉本教授がきのこ消費拡大イベントできのこの機能性を解説(自然環境工学科)

2015-10-14

吉本教授がきのこ消費拡大イベントできのこの機能性を解説

自然環境工学科  本学自然環境工学科植物バイオシステムコースの吉本教授が、林野庁・特用林産物信頼確保・消費拡大補助事業としておこなわれた「森のめぐみプロジェクト-食べて美味しい、からだも嬉しい、きのこフェア」できのこの健康効果を解説しました。
 本プロジェクトは、2015年10月6日~11月4日まで、JR有楽町駅前特設広場、新宿高島屋、日本百貨店しょくひんかん(秋葉原)、アトレ吉祥寺店でおこなわれる特用林産物の消費拡大フェアで、日本中の特用林産物を一堂に集め展示・販売するイベントです。
 吉本教授は、新宿高島屋の会場、および、有楽町前特設広場第一工業大学ブースに登場し、これまでのきのこに関する研究成果を一般の消費者の皆さんに説明する役目を果たしました。雨模様の中、多くの通行者で賑わう有楽町前広場で第一工業大学の緑色ののぼりが誇らしげにはためいていました。