自然環境工学科トピックス

吉本教授が大麦の本を出版(自然環境工学科・社会連携センター)

2016-11-08

吉本教授が大麦の本を出版(自然環境工学科・社会連携センター)

自然環境工学科・社会連携センター  

 自然環境工学科植物バイオシステムコースの吉本博明教授の『長生きしたければ,大麦を食べなさい』が出版されました。

 本書は,都築学園グループ総長都築仁子先生監修の下,グループ大学である横浜薬科大学総合健康メディカルセンター長の渡邉泰雄教授と本学の吉本博明教授が共同で執筆した書籍です。

 植物バイオシステムコースは,2016年に開講した自然環境工学科の新しいコースで,農業の六次産業化と地域創生を担う人材の育成を目的として設置されました。本書も,その一環として企画され,食を通じた健康づくりを広く一般の読者に知っていただくための書籍です。

 本トピックスで何度も取り上げている,吉本教授がプロジェクトリーダーを務める「霧島さん家のグラノーラ」プロジェクトで開発した新商品も大麦をベースにした食品に仕上げてあり,今,大麦が密かなブームになりつつあります。本書にも,ベースになったレシピが公開してありますので,是非,一度手に取ってご覧ください。