自然環境工学科トピックス

【告知】六次産業化推進フォーラム2017開催(自然環境工学科・社会連携センター)

2017-01-18

【告知】六次産業化推進フォーラム2017開催

自然環境工学科・社会連携センター  

  

 第一工業大学社会連携センターでは,文部科学省のCOC+事業の一環として六次産業化推進フォーラムを開催します。

 地元FM番組を使って自らの六次産業化商品のPRと地域を元気にする活動で文部科学大臣賞を受賞した若松商業高校の女子高生たち。林野庁新商品コンテストを受賞した本学とJAあいら,霧島市の取り組みを現場で支えた担当女性職員。「フクオカきのこ大祭」をプロデュースし,「ナガノきのこ大祭」「ヨコハマきのこ大祭」と全国のきのこ関係者を巻き込み「胞子活動」にまい進するきのこ農家の4代目農業女子。鹿児島県の医療を食で支え続けてきた鹿児島県管理栄養士界の先達など多彩な女性登壇者をお招きします。

 

タイトル:六次産業化推進フォーラム2017「地方の元気は女性がつくる」

日時:2017年2月10日(金)14:00~16:00

会場:第一工業大学厚生会館2階620大教室

参加費:無料

参加登録:不要

演題

講演1 「若商河童ガールズの6時間目!」

  福岡県立若松商業高校「若商河童ガールズ」・プロデューサー・指導教諭 川崎謙一郎氏

講演2 「霧島さん家のグラノーラ開発秘話」 

  山内 里恵 氏(JAあいら総合企画課主任)

講演3 「きのこ農家4代目は農学博士」

  川村 倫子 氏(宝珠山きのこ生産組合理事・福岡県農業法人協会副会長・農学博士)

講演4 「土から命は生まれる:半自給生活のススメ!」 

  油田 幸子 氏(鹿児島県栄養士会理事・JA鹿児島県厚生連病院・管理栄養士)

 

問い合わせ:社会連携センター 電話0995-45-3003