自然環境工学科トピックス

日本全国でドローンを飛行できる許可・承認を取得(自然環境工学科)

2017-10-24

日本全国でドローンを飛行できる許可・承認を取得

自然環境工学科   

 自然環境工学科の田中教授が、日本全国でドローンを飛ばせる許可・承認(包括申請)を取得しました。

 包括申請とは、同一の申請者が一定期間内に反復して飛行を行う場合、あるいは同一の申請者が異なる複数の場所で飛行を行う場合の申請を包括申請と言います。一定期間とは、最大で1年間です。申請では、過去の飛行実績と今後の飛行予定の説明書類を求められ、真に必要性が認められるときのみ許可されます。また許可の条件として、「3ヶ月ごとの飛行実績の報告の義務」が付されます。飛行実績を見て反復継続性が認められなければ許可の取消もありえるそうです。

 ここをご覧の方で、飛行申請の方法を知りたい方は、大学(0995-45-0640)までご相談ください。なお、報酬を得て、官 公署に提出する書類の作成を、行政書士以外の者が行う場合には、行政書士法違反 となりますので、書類の作成はご自分で行ってください。また、田中教授の都合で対応できない場合もあります。

 

 

ページのトップへ