自然環境工学科トピックス

ランドスケープ論/森林生態学の野外授業を開催しました(自然環境工学科)

2018-12-25

ランドスケープ論/森林生態学の野外授業を開催しました

自然環境工学科   

 去る2018年12月1日(土)、霧島神宮技師の有村様を講師に迎え、学生32名他計37名が参加して霧島神宮および霧島神話の里公園で野外授業を行いました。
 この授業では、霧島神宮の社務所前で講義を受け神宮林の由来や樹木の分布、現状などを学習し、また学生が現地の森林管理作業を直に感じる目的で、霧島神話の里公園で重機を使った杉の伐採現場を見学しました。
 学生からは、林業に係る職業に興味を持ったという意見も出て、彼らにとっても、森林保全や林業という新たな世界を知り森林と環境について考える時間を持てたことは、将来の可能性を広げる貴重な体験になったのではないでしょうか。これからも、地域と関わる取り組みを大学から積極的に行っていきたいと考えています。
 今回の野外授業に協力いただいた霧島神宮、行政の皆様に心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 

 

 

↑ページのトップへ