自然環境工学科トピックス

「第29回環境地質学シンポジウム」で研究報告を行いました(自然環境工学科)

2019-12-02

「第29回環境地質学シンポジウム」で研究報告を行いました

自然環境工学科  

 11月29日~30日に日本大学文理学部で開催された社会地質学会の研究報告会に、自然環境工学科から6編の研究報告を行いました。

 

「耕作放棄地(休耕地)を利活用した泥発電の検討」
   前原日和(1年)石本弘治教授

 

「鹿児島県霧島神宮林におけるアカマツ大量枯死の事例研究」
   福山厚子教授 中川恵翔(2年)他

 

「Artisanal and small-scale gold mining at Yamagano district, Kagoshima, Japan」
   村尾教授 本田泰寛准教授 田中龍児教授 他

 

「山ケ野金山の鉱山鉄道遺構の歴史研究における3次元かモデルの利活用」
   徳田翔太(4年) 本田泰寛准教授 田中龍児教授 村尾智教授 他

 

「鹿児島県山ケ野地区の自稼掘削業者が使用した金鉱石処理場の3Dによる復元」
   有留光稀(4年) 本田泰寛准教授 田中龍児教授 村尾聡教授 他

 

「低コストRTK-GNSSによる地形調査の提案」
   下原優斗(4年) 田中龍児教授 他

 

 

↑ページのトップへ