自然環境工学科トピックス

本学教授が国連環境計画の世界水銀パートナーシップ(ASGM分野)に日本人として初めて登録

2020-11-11

本学教授が国連環境計画の世界水銀パートナーシップ(ASGM分野)に日本人として初めて登録

自然環境工学科   

 本学の村尾 智教授がUNEP(国連環境計画)の世界水銀パートナーシップ(ASGM分野)に日本人として初めて 登録されました 。

 

 この事業は、2005年のUNEP管理理事会の決議を受け、各国政府、国際機関、NGO、企業等による自主的な水銀放出削減を推進する取り組みとして2007年に開始 されたもので、水銀及び水銀化合物の排出リスクから人間の健康と環境を保護することを目指しています。

 

 本学は水銀問題の中でも「零細及び小規模金採掘(ASGM)」に長くかかわっております。この登録を機に国際環境協力をさらに進めてまいります。

 

↑ページのトップへ